新車が半額

新車が半額!!ってのが目に付くようになってきました。
よくよく注意しますと、新車が半額で買えるわけではなくて、新車が半額で乗れるって事です。
つまりどこにも新車が半額で買えるとは書いていないわけです。
大手チェーン店で”新車が半額”をうたい文句に勢力を伸ばしていまして、最近では某軽自動車のメーカー系ディーラーでもワンダフルクレジットの名目で”新車が半額”をはじめているようです。

仕組みは、三年後の下取り価格を予め予想して、購入時には三年後の下取り価格を引いた金額でクレジットを組んでしまうって形です。

もちろん色々制約はありまして、三年後の走行距離が規定よりオーバーしてしまった場合や、傷や痛みに関しては査定が入りますので、三年後に車を返すときに、追加料金が必要になる場合もあるようです。

では、販売する業者のメリットを見てみますと
○三年後に返却又は払っていない半額分を支払ってもらうかになりまして、返却が圧倒的に多くなると予想されますので、安定した販売に結びつく。

○販売時に下取り予測分も含めて全額お金は入ってくるので資金的には問題が無い

○中古車の仕入れに関しても、安定して下取りの車が入ってくる

買う側のメリットとしては
もちろん、少ない支払いで希望の車に乗れるって事ですね。

追伸

私の記憶ではこの手の新車半額販売はONIX(オニキス)が最初に始めたように思いますが、最近ではダイハツや日産、トヨタまでが始めたようで、新車販売形態の一角を占めるようになってきましたね。

販売店としてのメリットも大きいようですが、購入者は契約内容をよく理解してから契約したいですね。