バイクすり抜け走行問題

東京都内のバイク事故が増えているそうで、自動車事故が減っているのに逆にバイクの事故は増えているようだが、バイク走行における、すり抜け走行について 書いてみよう。

少し解説すると、止まっている、場合によっては走行中の自動車の脇を、小さい車体を活かして、すり抜けていく走行がすり抜け走行にな るのだが、車を運転される方にとっては、目障りに感じている人も多いと思う。

道路交通法で詳しい事は分からないのですが、止まっている車の左脇を抜けてバイクで走行しても、それは違反でも何でもなく、渋滞の脇を抜け て、ゴキバイに乗った警察官や郵便配達のバイクなども車の脇をすり抜けているので全然問題はないのである。

問題なのは例えば片側2車線、つまり両方で4車線あるような、大きな道路で片側2車線の真中、走行車線と追い越し車線の間のライン付近をす り抜けていく、バイクのすり抜け走行が、違反なのか道路交通法上、グレーゾーンなのか、分かっていないのであるが、渋滞の中をバンバン走行しているのが実 情なのである。

私もバイク乗りで正直に書くと、走行車線と追い越し車線の間を、走行してすり抜けていく口です。
昔は車線の一番左脇を走行して、すり抜けていたのであるが、訳有って今では走行車線と追い越し車線の間をすり抜け走行しているのである。

バイク乗りを代表してはいないが、走行車線と追い越し車線の間を、すり抜け走行する理由と訳とどうしてかを書いておこうと思う。

全てが自分の安全性上のことなのであるが。

1、道路の左脇は、ゴミが落ちていたり空き缶が転がっている確立が高くて危険である。

2、突然、路側帯がなくなっていたりして危険である。

3、道路の左脇は違法駐車の車が止まっている

4、道路の左脇は違法駐車の車のドライバーが突然ドアを開けたりする。(一回やられてます)

5、道路の左脇は左から急に車が出てきて危険である、最近のドライバーは鼻先だけ勢い良く飛び出させる乱暴なドライバーが多い。

6、道路の左脇は突然後方確認をしないで車を左に寄せて停車しようとするドライバーが多い、左車線から右車線に車線変更をする時は、一応、 後方確認するドライバーが多いですからね。

以上のような理由から最近のバイクは走行車線と追い越し車線の間を、すり抜け走行してしまっているのです。

車のドライバーの皆様、渋滞につかまってイライラしている中を、バイクが脇をすり抜け走行していくのは、頭に来る気持ちもわかりますが、渋 滞しているのは車であって、バイクが原因で渋滞しているわけではないのですから、大目に見てやってくださいませ。