むち打ち症は後になって症状が出る?

どうも最近は首に違和感を覚えるようになって一時間もパソコンに向かって仕事をしていると首の後ろの筋肉が痛くなってきて手でマッサージしながら時々休憩を取るのですけど、そう言えば5年ほど前にバイクで信号待ち中に車に追突されて救急車が来たことを思い出したのであります。

その時の追突との因果関係はよく分かりませんし今から追求するつもりもありませんが、何となくその時のムチ打ちが今頃になって症状として現れてきたような気もしちゃうんですよね?

そう言えば追突された当時は仕事のほうがやたらと忙しくて下手に病院へ連れていかれて検査なんてされて入院にでもなってしまったら仕事に支障が出るので、特に自覚症状も何も無かったので救急車にはお引き取り頂いてしまったのですが、この辺りが零細企業経営者の厳しいところなのですよね?

たぶん私と同じような境遇や経験をされた人は全国に沢山いらっしゃると思いますけど、会社を経営しているとか一人で仕事をしているとか場合によっては派遣社員として働いていて不安定な雇用状況なので休んでしまって仕事に穴をあけてしまいますと、今後は仕事がこなくなってしまう心配が有るので少々の事じゃ仕事は休めないって人が多いのでは無いでしょうか?

話をむち打ち症方面に戻しますと、どうもこれは外傷じゃないですし痛みも自覚症状も何も無くても実は首内部のどこかが傷んでいて、年齢を重ねて体が弱ったり体力が落ちてきたり何よりも首周りの筋力が落ちてくると、不調が出てくるって感じの場合が有るのではないでしょうかね?

追伸
バイクの場合ですと小さな事故でもなにせ生身の体がむき出しの状態ですから、車の事故と比べるとやはり相当体へのダメージは大きいです。

私も気をつけて運転していてパット入りのバイク専用のスーツを身につけてはいたのですが、後ろから追突されてしまった場合の首周りの防護はこちらではいかんともしがたいのでありまして、バイクにのって移動する人は後ろにも十分注意を払って下さいね?

それと今になって思うのですけど事故にあった直後は気持ちも動転していますし神経が高ぶっていますから痛みも何も感じない場合が有るそうですけど、やはり後になって痛みが出てくるとか症状が出てくる事も少なくないようですから、忙しくてもやはりちゃんと病院に行って検査してもらうべきなんだなと今になって思うのです。

ではお気をつけて下さい。