道路交通法改正で自動二輪の高速二人乗り解禁?

警視庁で今回の道路交通法改正案に対する意見の募集が終わり、意見に対するパブリックコメントが発表されたが、概ね最初に出された”道路交通法改正試案” 通りに国会に提出されるようである。

さて今回の道路交通法改正に関しては日本全国のバイク乗り注目が”高速道路における自動二輪車の二人乗り規制の 見直し”なのである、現在は高速道路にバイクで二人乗りして走行する事は禁止されていますが、改正されれば高速道路にバイクで二人乗りして走行できるよう になるのである。

※警視庁発表の資料より抜粋:現行の道路交通法では、高速道路における大型自動二輪車又は普通自動二輪車(以下「大型自動二輪車等」といい ます。)の二人乗りは禁止されていますが、年齢が20歳以上の者で、大型二輪免許又は普通二輪免許を受けていた期間が3年以上のものについては、これを認 めることとします。

この改正案は、変な横槍が入って廃案にならない事を祈っているのである、私は基本的に通勤も仕事での移動も買い物も全部バイクでの移動なの である、遠いところに出掛ける時は高速道路も使うし家族だっている。

この辺はバイクに乗らない人も理解できると思うが、バイクも自動車も遠くに移動する際は一般道路を使って移動するより、高速道を利用したほ うが数段安全なのである。これは一人で運転しても二人乗りだろうが全然変わらないのである。
特に遠方の移動ともなれば知らない一般道を走行して長時間走行で疲れるよりも、高速道路で移動したほうが遥かに安全で快適なのはわかりますよね?

この改正案に関しては横槍が入らない事を祈る事しか出来ないのだが、市販のバイクに関しても今後は二人乗りを意識してバックシート(タンデ ムシート)やバックレスト等、後ろに乗る同乗者の事を考えたバイクを市場に出すなり、オプションを充実させるなりしないと、現行市販のバイクで、後ろに乗 る人が快適に乗っていられるのは大型スクーターと一部大型バイク(HONDAゴールドウィングなど)位な物で、殆どのバイクがシートの長さが短かったり、 後部同乗者が足を乗せるステップの位置が高すぎたりと全然考えていないのが多いのである。

今後、自動二輪の高速二人乗り解禁にでもなれば、夫婦で二人乗りしてバイクでツーリングなんてのも増えるだろうから、バイクを買う際に後ろ の乗り心地が悪いバイクは売れなくなるだろうから、そうすれば、バイクメーカーも本腰を入れるのでしょうか?

なにせ最近のストリート系バイクはファッション性の追求が優先されているようで、シートの座り心地ですとか、タンデム走行の事を考 えたシートにはなっていないように思いますね。

長くバイクを愛用する固定客を増やすにはバイクメーカーも少し商品開発の発想を変えたほうが良いのではないかと最近思っています。