高く売る

今回は値引きと販売価格の話をしようと思いますが、ワンプライス商売で値引きが無い販売も沢山有りますけど高額商品になるほど営業マンには一定幅の値引き権限を持たせまして、商談の駆け引きの場に置いて自由裁量で値引きを認めている会社も少なくないと思いますが、やたらと大幅値引きばかりしてしまう困ったちゃんがいると思えば、ほぼ定価販売に近い形で高く売る営業マンも居ますよね?

この辺りは営業マンの力量の差だと思いますが私が思うに例えば定価100万円の商材をセールスするときに、商談相手のお客に対して150万円の価値を認めてもらえる営業力を発揮出来れば別に値引きなしでも喜んで買ってもらえますし、逆に70万円の価値しか認めてもらえなければ商談相手としては最低でも30万円の値引きをしてくれないと、ウンとは言わないって感じではないでしょうかね?

それともう一つ、勝手に自滅してお客から値引き要求が無いのによほどクロージングに自信が無いのか先回りして大幅値引きを出してしまう営業マンも存在するのでは無いでしょうか?

私がその昔に数百万円のCADソフトを販売していた頃の話ですが、バブルで景気が良かったせいもたぶんに有るのでしょうけど上司に言われたのが350万円で提示するのも360万円で提示するのもその位の金額になると10万円の違いなんてのは相手は気にしないので勝手に値引く事はしないで、もしクロージングの最終段階で価格交渉になったときに、上手に交渉が出来るように価格に余裕を持たせておけって言われたことが有ります。

まぁ大げさな話を致しますと営利目的で販売活動に明け暮れる企業は、高く販売して利益を出して社員に還元して税金の形で社会に還元するのが目的ですから、値引きばかりしていますとその崇高な目的が果たせなくなってしまいますからね?

もちろんライバル企業が出てきて商談が競合状態になってしまった時には、最終段階で値引き競争の様相を呈してしまうなんて事も珍しくないわけですけど、だからこそ高く売れるときに出来るだけ利幅を稼いでおく必要が有るのでは無いでしょうかね?

追伸
どうもデフレ経済状況になりまして、いかに価格うるかよりも安く売ることを優先して考えている会社が随分と増えてきたような気が致しますが、もう少し頑張ればもっと高く売れるのになって思ってしまう商売もたまに目に付くのです。

まぁ自分がお客の立場で何かものを買時には極力ギリギリまで安く買おうと致しますけどね。

朗読版