自転車盗難対策

えっと毎日これだけ自転車の盗難があるって事は自転車泥棒がとっても多いって事ですし、盗まれた自転車が戻って来る確率はとっても低いですし、警察に届け出てもなにせ犯罪天国になりつつある日本では警察も相当忙しいらしくて、事件のうちに入らないとは言いませんが届けを受け取ってお仕舞いって所だと思いますので、結局は自分でしっかり盗難対策を行うしか無いのですよね。

でまず聞いた話では盗まれる自転車の中で結構な割合で、鍵がかかっていない状態で放置された自転車を黙って乗っていってしまったってのもあるようですが、これはまぁ一度盗まれた自転車が駅前の駐輪場か何かに放置されていて、それをまた誰かが乗っていったのではないかと思いますので、鍵をかけていても盗まれてしまうって認識でより強固な盗難対策が必要なのでは無いでしょうかね?

さてその盗難対策ですが、先ず一番は停めておく場所選びみたいなところから始まるのではないでしょうかね?

当然の事ですが駐輪禁止場所に停めておくってのは一番やってはいけないことでして、例えそれが人通りが多くて中々盗まれそうにない場所だったとしても、それはもう盗難対策以前にマナーの問題になると思いますので、ちゃんと停めても良い場所に駐輪した上での盗難対策って事を忘れないようにしましょうね。

さて根本的には自転車泥棒ってのは丈夫なチェーンやワイヤーロックを使って自転車本体となにか構造物を結びつけてしまいますと、まず盗まれることは無いと思いますが、逆に簡単な付属の鍵だけで構造物との連結がなければ、高級自転車あたりですとそのまま持ち上げてワンボックスカーに積み込まれてしまって、盗まれてしまうんではないでしょうかね?

まぁ個人的には駅前に始まり、繁華街など国や自治体はもっと駐輪場の整備と警察は自転車泥棒への厳罰化などに取り組むべきではないかと思うので有りますが、それは私がここで何を書こうと変わりませんから、自衛するしかないのですけど基本的には少々歩く事になってしまっても、決められた場所でなおかつ出来れば構造物と自転車をワイヤーロックで固定できる場所に駐輪するって事が一番の盗難対策では無いでしょうかね?

追伸
第何次か分かりませんが自転車ブームが再来しているようですし、中古自転車なんかも結構な市場になって来て、でもって結構高級自転車が駐輪場に無造作に置かれていたりするので有りまして、まだまだ日本も平和って事じゃないと思いますがね。