防犯カメラ、監視カメラ、防犯ビデオ

監視カメラとか防犯カメラ、防犯ビデオのイメージ・・・特に監視カメラの監視って言葉のイメージはあまり良くないのですが、最近監視カメラ、防犯カメラ、 防犯ビデオが活躍して犯人逮捕に結びついた事例がニュースで随分と流れるようになってきましたね?

防犯ビデオ関係ではプライバシー保護の観点からの議論が出てきますが、抑止力の為に防犯ビデオをもっと設置しても良いのではないかと思 います。

最近はCCDのカメラなんか随分安価な商品が出回っていますし、インターネット通販でも防犯ビデオ、防犯カメラの類は随分と安くなって いますからね。

安全と、プライバシー保護とどちらを優先するかと考えれば、安全を優先せざるを得ない世の中になってきてしまったのではないでしょうか ね?

防犯、つまり抑止力の観点から至る所に防犯カメラを設置してしまう、至る所に設置したら費用がかかって仕方がないのですが、抑止力の観 点から設置するわけですから、全部本物じゃなくっても良いと思いますよ?

10台の防犯カメラのうち本物は1台か2台であとは全部ダミーであっても、どれが本物かどうかが外部に分からなければ十分抑止力にはな ると思いますがね?

もちろん、どれが本物かは外から分からないようにしなくちゃいけませんが、本物かどうかを道ばたで調べている人が居たら、それこそ職務 質問しちゃえば良いと思います。

防犯と抑止力の観点から今回のコラムを書きましたが、本当はそんな防犯カメラなんかなくて、家に鍵なんかかけなくても外出できるような 社会になってほしいとは思いますが、当分無理な相談でしょうね?

追伸

街角や駐車場、コンビニエンスストアなどの防犯カメラの設置が広がっていまして、結構犯人逮捕などに威力を発揮しているようで 有りまして、これだけ治安が悪くなった日本ですから、さらに街角の防犯カメラ、監視カメラの設置を増やす事を願ってしまいますよね。

個人情報保護を盾に、防犯カメラの設置に反対する人も中にはいますが、安全な生活を維持したr、犯人逮捕に威力を発揮する事は はっきりしている訳ですから、個人情報の保護よりも、安全な生活が優先されるべきでしょうね?

勿論、設置に当たっては個人情報保護に留意する必要は有りますけどね。