旅行用スーツケースの選び方

今年4月に大学生になる息子が、一年間イギリスに留学することになり(今はもう日本にはいない)、スーツケースを購入する機会があったので、私なりにスー ツケースの選び方を書こうと思います。

正直、過去にスーツケースを購入したことは無くて、今回が始めてです。

だいたいスーツケースはかさばるし、しかもめったに使わないので、スポーツバックで充分だったのでは有りますが、今回は仕方がないので購入 しましたね。

買いに出かけたのは、幕張に有るカルフール(フランス資本の大型店)に、ハードタイプのスーツケースを買いに行きました。

スーツケースは当然、荷物を積めこんで動き回るわけですから堅牢な作りじゃないと困りますし、途中で蓋が壊れたり、キャスターが取れてし まったり、取っ手がもげても困りますので、とにか頑丈なスーツケースを選ぶつもりで出かけたのであります。

出かけて適当なスーツケースを購入して帰ってくるつもりが、他の店に見に行って、又カルフールに戻ったりしたものですから、結局、スーツ ケースを手にして出てくるまで半日かかりましたね。

何故、たかだかスーツケースを選ぶのに時間がかかったのか理由を説明しましょう。

今回、イギリス行きの飛行機に機内に持参できるのが、重量制限が20キロまでと決まっていました事が最大のネックになったのです。

ハードタイプでそれなりの容量が有る、頑丈そうなスーツケースが先ず気に入って、即購入しようかと思いましたが、スーツケース本体の重さを 見ると、なんと7.3キログラム。

となると、20キロ-7.3キロですから実際にスーツケースに積めこめるのは12キロちょっとしか積め込めないでは有りませんか。

そんな訳で

大きくて頑丈なスーツケース・・・・・・重量が大きくて荷物が入らない

重量が軽いスーツケース・・・・・・・小さくて荷物が入らない

ソフトケースも見てみたり、スーツケースの重量が書いていない商品が有って調べてもらったりして、最終的に購入するまで時間がかかってし まったわけです。

スーツケースのネックとして、大きくてかさばって使わないときに邪魔で仕方が無いことも有りますので、是非ここは軽くて丈夫なスーツケース が安く出てくる・・・おっと出てきてもそんなに買うものじゃないですね。

追伸

めったに海外旅行に行かない人がスーツケースを購入した場合、旅行から帰ってきて、場所を取るので家の中で邪魔になったりするんで すよね。