立ち乗りの飛行機と格安航空券

ニュースで立ち乗り型の飛行機が登場か?が流れまして何でも中国の航空機メーカーがたったまま乗る飛行機を開発致しまして、これによってより多くの乗客を乗せることが出来て、飛行機代も格段に安くする事が出来るのだそうです。

さて私以外にも感じている人も多いと思いますが、航空券ほど値段がしっかりしているようで実は値段の差が出ている交通機関も無いのでは無いでしょうか?

私も仕組みがどうなっているのかわかりませんけど、例えば東京→福岡の航空券を正規の値段で購入致しますと3万円強の値段になりますけど、これがチケット屋さんなどで格安航空券を買い求めたり致しますと2万円でお釣りが来てしまうのですよね?

勿論、夏休みやお盆の時期ですとか年末年始の繁忙期などでしたら格安航空券もあまり見かけないのですけど、それ以外の時期でしたら正規の料金で購入するのがアホらしくなるくらい値段に違いが出てきますよね?

でまぁ購入したチケットの金額によって座席の場所が違うとかなにか格差が有るのでしたらまだ理解出来るのですけど、正規料金の人も格安チケットを購入した人も全く同じ扱いで変わらないですからね?

何と言いますか正規の料金は高いの買わなくなる、でもって航空会社は空の座席に空気を乗せて運んでも仕方が無いので格安航空券を扱うチケット販売店に引きとって貰うが循環してしまっているのでは無いでしょうかね?

で話は戻って立ち乗り飛行機ですがまぁ安くて早くて安全に移動出来るのでしたら別に座らなくてもいいやって人も大勢出てくるのでしょうし、一定の割合で需要は存在すると思いますけど、その反面では基本的に飛行機で移動する人ってのは観光かビジネス利用ですから果たしてどうでしょうか?

中には貧乏旅行だし格安チケットより立ち乗りの方が安いって喜ぶ人もいらっしゃるでしょうけど、観光目的で飛行機は立ち乗りってのをそれほど多くの人が選ぶとも思えませんし、ビジネス利用でしたら尚更じゃ無いでしょうかね?

しかしまぁ機内サービスがどんどん廃止になったり、機内での飲み物が無料から有料になったり、スチワーデス(最近はキャビンアテンダントでしたっけ?)が廃止されたり、飛行機も特別な乗り物からどんどん普通の庶民の足に変わってきているわけですから、もしかしたら気がついたら飛行機は基本的に立ち乗りで裕福な乗客だけ椅子に座るって事になるのかもしれないですよね?

なんとも味気ない気が致しますけどね?