自動車保険、保険料節約方法。比較検討、保険料を安くする

自動車保険、保険料節約方法。比較検討、保険料を安くする

昔は自動車保険に入るのは、車を買った新車ディーラーや中古車店での取扱保険会社で加入することが一般的であり、今と違ってどこの自動車保険に加入 しても五十歩百歩、大きな違いが無かったので、それでも良かったのだと思いますが、現在各保険会社がそれぞれ特色を出してきていますし、損害保険会社以外にも農協や共済などでも自動車保険を開発、販売をしています。そんな中で万人にベストな自動車保険や自動車保険会社は有りませんので、自分 に合った、自動車保険、保険会社を選ぶことが、得する自動車保険の選び方になります。

基礎知識

自動車保険の種類(保障内容)


自動車保険と一口に言っても、保障内容などの種類があります、自分に必要な保険を選択する為にも、自動車保険の種類(自動車保険の保障内容)について知っ ておく必要が有ります。

1、対人賠償保険
自己の相手を死亡させたり、怪我をさせた時に支払われる保険です。

2、対物賠償保険
自動車事故で相手の物を壊したり、破損させた時に支払われる保険です。

3、車両保険
自動車事故や火災、盗難、台風などによって、自分の車両に損害が発生したときに支払われる保険です。

4、人身傷害補償保険
自動車事故でけがをしたり死亡したりしたときに、被保険者の過失分も含めて全損害について支払われる保険です。

5、自損事故保険
運転者本人の100 %過失による事故で、保有者、運転者、その他の搭乗者がけがや死亡した場合に支払われる保険です。

6、無保険車傷害保険
事故相手が対人賠償保険などがついていない場合の事故で死亡したり、後遺傷害を負った場合に支払われる保険です。

7、搭乗者傷害保険
搭乗者が自動車事故によってけがをしたり死亡した場合に支払われる保険です。

上記の保障内容を理解して下さい、理解した上で自分が必要とする保障内容を選んで、自分に有った自動車保険に加入する事です。

自分に合った自動車保険に安く入る

自分の自動車の使用状況を把握する事が最初の1歩です、走行距離や搭乗者限定などの保険料を安くする為の特約を利用する為に、自分の状況をしっ かりと把握します。

順不同で、把握しておく事を書きます、保険会社によっては特約で必要な項目と含まれない項目が有ります。

・車を使用する人、自分だけなのか、家族も使うのか、それ以外の人間も車を使用するのか?

・使用目的と走行距離

・あなたの年齢

・今すでに、自動車保険に加入している場合、現在の自動車保険の内容と等級

保険の種類(保障内容の種類)を把握して、自分の自動車の利用状況や現在の状況を把握したら、あとは出来るだけ多くの保険会社の見積りを取ることになります。

その際、手元に置いておくのが
・車の車検証のコピー(これから車を購入する場合は、カタログなど車の内容が分るもの)

・現在、自動車保険に加入していて更新時期で保険会社を変更しようとしている場合は、現在の保険証書

・運転免許証

以上が出来たら、あとは出来るだけ多くの保険会社に見積りを取ってみてください。