将来への蓄えについて考える

どうも景気が上向くとかそういったレベルの話ではなくて、日本が世界の中で競争力を維持出来るかどうかが怪しくなってきたような昨今でありまして、蓄財出来る人は将来の不安を打ち消そうとして貯金に励みまして、低賃金での労働を余儀なくされている人は貯金など出来る状態でなく日々の暮らしを維持するのが精一杯なんて人が沢山いるのが今の日本のような気が致します。

まぁ日本中に蓄財された現金の1%でも消費に回りましたら一時的にしても日本の景気は上向くのでしょうけど、なにせバラ色の未来を信じて民主党に投票して政権交代が行われたまでは良かったのですが、実際に政権運営が始まってみますとどうも稚拙な運営に終止しているようなので有りますから、やっぱり貯金出来る人はせっせと蓄財に励んでしまうのではないでしょうかね?

もともと日本人は勤勉で貯金が好きな民族だそうですしこれに将来の不安が重なってくれば、手元に現金を置いておくって発想になるのは当たり前ですし、現在のようにデフレ進行中でしたら現金に全く利息が付かなくてもお金の価値は維持又は上昇して行くのですから、なんとか消費を刺激して景気回復しようって考えても難しいのではないでしょうか?

さて将来への蓄えについてもう少々考えてみようと思いますが、現金預金の場合も有りますし株券のような有価証券にする場合も有りますし、国債って手もあるし保険に加入する手のもひとつの蓄財の手段ですし、国際的に価格が安定している金地金で蓄財に励む人もいらっしゃると思います。

その中でどれがベストなのかはなんとも言えませんが、現金でも将来日本の国力が低下して財政破綻状態になりましたら世界的には紙くず状態になる可能性も有りますし、株券でも会社が倒産してしまったら無価値の代物になりますし値上がりですとか配当のメリットは有りますけど値下がりのリスクもまた大きいですし、保険にしても保険会社の財務内容が悪化致しましたら約款の変更が行われるかもしれませんし、一応長い歴史から見て金地金が一番将来に備えて蓄財するのにはリスクが低いような気が致しますね。

ただ金はとっても重たいですし、ポケットに入れて海外に出かけることも簡単では有りませんし、現金化しようと思ったときに素早く現金化出来るってわけでもないですからね。

そんなわけで将来に備えて蓄財しようと考えた場合に20年後とかの遠い未来を考えてしまいますといったいどんな方法が良いのか答えが出てこないので有りますね。