タバコの値上げと禁煙とタスポ

税収不足を少しでも補うためにたばこ税の増税が現実化してきまして、最低でも一箱あたり50円から200円程度の値上げになるようですが、これによって禁煙に踏み切るスモーカーが沢山出てきて増収にはならないって意見もありますけど、禁煙に踏み切る人が増えて肺がんの発症が低下すれば保険の負担が下がりますから、結果的には国家財政を良い方向に向かわせるのでは無いでしょうかね?

もちろん国内のタバコの葉を作っている農家の方が生活に困らないように転業する支援まで考える必要が有るのかもしれませんが、タバコが姿を消せば町も綺麗になりますしどうしても吸いたい人には有料の喫煙ルームか何かを作ってそこで一本100円くらいで購入したタバコを吸って貰うってのも良いかもしれませんね。

個人的に思うのは今回のたばこ税のアップは禁煙に走る人がそれほどでないで、税収が増える程度の値上げってラインで止めようとしているように感じるので有りまして、国民の健康のことを第一に考えるのでしたら、タバコ一箱二千円くらいにしてしまいまして、急に禁煙できない人の為にばら売りで2本で500円とかの販売も致しましたら、スモーカーは激減してタバコによる健康被害も無くなるような気がするのですけどね。

そういえば昨年でしたっけタスポってその成人認識だかのカードが無いと自動販売機でタバコが買えなくなりまして、自動販売機の売上げが激減した代わりにコンビニエンスストアの売上げがタスポ効果とやらで伸びたって報道が有りましたけど、コンビニ業界にとってはタスポ導入で嬉しい悲鳴だったかもしれませんけど、喫煙者が減ったようにも思いませんし零細のたばこ屋さんが大打撃を受けただけのような気が致しますね。

まぁ零細商店が打撃を受けて大手のチェーン店が潤うような施策はもう止めて欲しいと思いますが、タバコに関しては大幅増税で喫煙者を十分の一くらいに減らしたほうが日本にとってプラスなのでは無いでしょうかね?

追伸
私はめったに電車には乗らないのですが、その昔の吸い殻が至る所に落ちていた駅のホームは遠い昔の話になりまして、全面禁煙とかホームの一番端にある灰皿でしか吸えなくなったお陰で随分とホームが綺麗になったのでありますが、特にそれによってマイナス面は出ていないようですし路上喫煙禁止の地域が増えたお陰で、道路に落ちている吸い殻も滅多に目にする事が無くなったので、やっぱりたばこ税は大幅にアップさせて一気に喫煙率を低下させるのが良いのでは無いでしょうかね?