ホームページと著作権について考える

どうもブログの氾濫を境に、Webサイトの世界では著作権が曖昧になっているような気がするので有りまして、写真ですとか楽曲などに関してはまだ、ましな形では有りますが、文章に関しては勝手に引用したり、自分のブログに張り付けたりってのが、相当行われているので有りまして、先日も運用していますランチブログの中身を勝手に使われていた事実が判明したので有ります。

そんな時の私の対応は、勿論運営者に連絡を取って削除してもらおうと考えるので有りますが、そんなサイトに限って問い合わせフォームはおろか、連絡先も一切記載がない場合が多いので有ります。

一応そんな時は使っているレンタルサーバーの運営会社にメールを入れて、他にも取るべき方法が有れば一通りの事を行うので有りますが、時間もかかるし中々手間がかかるので有りますね。

まあ、こんな事をやっていましたら中国ですとか他の国を笑えないので有りまして、この辺りはインターネットの世界における匿名性をなんとかしませんと改善しないのでは無いでしょうかね?

私が考えるには運営者の個人情報をなどを明示しないまでも、連絡が取れるメールアドレスの表示義務は持たせても良いのではないかと思いますね。

何故ならば、根本的に匿名性の部分を少しづつにせよ改善してきませんと、インターネットの将来は明るい方向には向かっていかないって思うんですよね?

それと、私の知りうる限り日本の学校教育では著作権の事を学ばせている所は皆無のようで有りまして、小さい頃から著作権ってのに無頓着な人が大人になって、そのままの状態ってのが今の日本の実情では無いでしょうかね?

資源の無い日本で有りますから知的所有権の部分位は脇をしめて、立ち向かう必要が有るのでは無いでしょうかね?