部下を退職に追い込む上司

何処の職場にも存在するわけでは有りませんが、会社によっては部下を退職に追い込むのが上手な上司が存在している場合が有りますよね?

上司のタイプとしては2種類有りまして意図的に部下を退職に追い込む人と、もう一種類は本人は別に部下を辞めさせようとも思っていないのですが人間性の問題ですとか言動によって部下が辞めて行くタイプです。

前者の場合は意識しているわけですから既に部下を退職に追い込む方法を会得しているのでありまして、基本的には自分の管轄する部内に出きな悪い社員が存在するのが許せないとか、社員教育に興味が無いとかその辺りではないかと思っています。

特に営業の世界ではこのタイプの自らの意志で部下を退職に追い込む上司が存在しているようで、他の社員がいるまえで営業成績が上がらない事を罵倒してみたり、露骨にお荷物扱いしたり過酷なノルマを押し付けたり・・でやっぱり約束させるんですよね?

約束とは何かと言いますと例えば今月の売り上げ100万円を必ず達成致しますとか、まぁ考え方によっては会社は営利目的でやっていて営業社員は売り上げを上げて利益を会社にもたらすことを目的に存在していますので当たり前といば当たり前なのですけど、とにかく本人を追い込みまして必ず達成する数字を約束させるわけです。

まぁ上司としたら約束を守ってくれれば売り上げは確保されますし、逆に営業数字が達成出来ないとなると約束を守らないって事で厳しい追及をすることが可能になりますし、これを毎月繰り返しますと、まぁ何時までも会社に留まっていることは出来ませんし中には約束を果たせない状態が三ヶ月に差し掛かった状態で、達成出来ないなら退職届をもってこいと迫ったり、まずは退職届に日付だけ空欄で記入させて上司が預かっておく場合も有りますね。

はっきり言って上司に問題が有る場合と、実施問題営業マン本人に営業能力が不足しているとかやる気が無いとか問題が有る場合と両方が考えられますが、基本的にはこのような上体になってしまっているのでしたら、素早く転職を考えた方が良いのかもしれませんね。

なにせこの手のタイプの上司は会社上層部からは信頼が厚い場合が少なくないですからね。

もう一つのタイプとしては本人にその気が無いのに部下が退職に追い込まれる上司です。

これは人間性に問題が有ったり、上司本人の能力不足が原因の場合が殆どでこの手の人の場合は、まぁ基本的に会社も何らかの手を打って左遷するなり降格する場合が多いと思いますので、こちらの場合は部下はとにかく我慢していればいずれいなくなると思って下さいね。