モチベーションを下げる原因と上司

朝出社して上司に明るく挨拶『おはようございます』、上司は一瞥しただけで挨拶を返さないばかりか不機嫌な顔で一瞥して視線を別の方向に、なんて上司は問題外ですけど、明るい会社員生活を送れるかどうかの分かれ目に上司の存在ってのがありますよね。

近年随分と広がってしまって最近になってそのデメリットも分かってきた成果主義とか行き過ぎた能力主義の世界でしたら、上司とのコミニュケーションの重要度は低いのかもしれませんけど、やっぱり感情を持った人が集まって会社組織が運営されているわけですから、組織の基本である上司と部下の関係ってのは大切ですね。

さてあの上司が居るとほっとするなんて場合と逆にあの上司の顔を見ただけでやる気も元気もモチベーションも一瞬にして宇宙の彼方に飛び去ってしまうとどこが違うのでしょうか?

まずそのモチベーションを下げる上司はどんな人。性格なのかって話題はあちこちで出ていまして具体例も紹介されていますけど、私が思うにまずは第一印象とか表情とか具体性の無いところが実はモチベーションを下げる一番の原因じゃないかと思っています。

別にね芸能人じゃないんですから端正な顔である必要も無いですし、ジャガイモみたいないかつい顔をした上司でも、部下に慕われていてモチベーションを上げる上司も沢山居るのですけど、直ぐに不機嫌な表情が顔に出ちゃう人は駄目ですね、人の上にはあまり立たせないほうが良いです。

まず上司と部下が正しい関係を構築するにはコミニュケーションが不可欠になりますけど、不機嫌な表情を部下にさらしている上司ってのは、下からのコミニュケーションを無言で拒否していることと同じなんですよね。

それがクリアできて初めて次のステップといいますか、モチベーションを下げない上司へ問題点を解決することが出来るわけです。

具体例で書くと、部下との約束を守らないとか、直ぐに感情的になるだとか、えこひいきするだとか色々ありますけどね。

これもあまり書かれない事で書きますと、男性の上司が複数居る女子社員の中で自分のお好みの人だとか、一人だけいる美人の部下だけを優遇したりやたらと同行営業しちゃうなんて例も程度の差こそあれ結構あると思うんですよ。

この場合、冷遇された女子社員のモチベーションは当然下がりますし、上司お気に入りの女子社員だって他の女子社員から妬まれちゃったり致しますから、結果は職場全体のモチベーションが下がりましたってことになるわけです。

このコラムを読んでいる日本中の管理職の方の中で心当たりのある人は明日から改めたほうが良いですよ。