出世と責任と中間管理職

全ての企業に当てはまらないとは思いますが、よく言われることに中間管理職ってのは社内で一番厳しくて過酷な状況だって言われますよね。

基本的に中間管理職ってのは指示される側から始めて部下をマネジメントする立場に変わって、これから更に上級管理職に上っていっても職責に耐えられるかどうかの判断される階級ですから、ここで失敗すると出世への道が閉ざされてしまいますから気は抜けませんし、部下をマネジメントする管理職といっても権限がさほど有る訳でもなく、最近ではプレイングマネージャーとして現場の第一線の仕事を普通にこなしながら、部下の管理育成指導までやらなければならない中間管理職の方も少なく無いようですからね。

更に賃金のことにも言及しますと、管理職に昇格した段階で管理職手当が付いたり基本給が若干上がるのが普通ですからその事だけを見れば、収入が上がったんだから良いではないかと思われそうですが、実際には管理職になって組合からも外れて残業が付かなくなるとか、部下と食事に行っても2回に1回はおごらないと格好が付かないとか、結婚式に呼ばれる回数が増えて寿貧乏になってしまうとか、中には実質的な収入はダウンしてしまうって人も少なく無いのでは無いでしょうかね?

まぁ経済が成長していて多くの企業が規模の拡大を競っていた時代でしたら、中間管理職の人にも将来の夢を与えることが出来たと思いますし、中間管理職時代の経験がその後の企業人としての活動のかてになったのだと思いますが、どうも企業は拡張どころか不要な人材や部門の整理縮小に熱心な状況では、中間管理職になっても仕事はきつくなって給料も殆ど変わらないし、そのくせ責任は数倍に跳ね上がるなんて事になるようですと、出世を心から喜べない人も増えるのでは無いでしょうかね?

若いうちの苦労は金を出してでもしろという諺が有りますが、企業で中間管理職になる位の年齢ですから、若いと言えば若いのですが基本的には中年男女って事で微妙な所ですよね。

ただまぁ平社員で第一線で働いていた頃は凄い活躍ぶりで会社への貢献度も高かった社員が、管理職に昇格した途端に部下の管理が出来なくて、職場の運営も能力不足で業績も上がらず部下から嫌われる存在になってしまった、元有能な平社員ってのも沢山存在して居るのも事実なので有りまして、一分企業で進めている組織をフラット化して極力中間管理職のような存在を排除していくって動きも分かるような気が致しますね。