上司へのゴマすりと出世の方法

当たり前の事を最初に書きますけど所詮は会社組織なんて別に特別なものじゃなくて感情をもった生身の人間が集まって、個人個人の意識が集まって運営しているんですから、出世や昇進に個人的な感情ですとか他人に対する好き嫌いが反映するなんてのは当たり前の話なのですよね。

更に殆どのサラリーマンってのは別に上司へのゴマすりが大好きで会社員になったからには上司へ取り入る方法を日夜研究して、上司の趣味やら好みの食事やらを徹底的に研究して、すきあらば上司に取り入ろうとしているなんて人は少なくて、まぁ組織で働く以上は必要なことだっておもってゴマすりをやっているのに過ぎないのです。

ですからね例えばあなたが営業職に配属されて営業マンとして働いているとしたら、どうしても営業マンの仕事は客先を訪問して契約を取って売り上げ実績を上げて会社に貢献することが仕事の範疇だって考えているのでしたら、もう少し仕事範囲の認識を広げていただいてゴマすりとか上司への取り入る事、それが嫌なら必要な上司とのコミニュケーションも仕事の範疇だと認識を改めたほうが良いのではないでしょうかね?

たとえ話をしますと仮に今あなたが営業主任で今度直属の上司である営業課長が運よく昇進を果たしまして部長になって後釜にあなたが営業課長として昇進するにあたって、穴が開いた主任の椅子をどうするかって事で考えて見ましょう。

もちろん会社組織でしかも数字による実績が明確になりやすい営業職ですとか過去の実績ですとか社歴ですとか色々な要素が加味されますけど、そりゃあなたとそりが合わない人を推薦したりして後々自分の首を絞めるようなおろかな選択はしないでしょ?

だって直属の部下で課長職の直下にいる主任さんなんてのはいわば片腕のような存在になりますから、上司の言うことを聞かない反抗する唯我独尊なんて人がいくら過去の営業成績が抜群でも組織の運営としては問題が出てきてしまいますからね?

そういえば以前から完全実力主義だとかガラス張りの人事評価なんてのがもてはやされたり致しまして、一部の真に受けたおろかな経営者の方たちがよせばいいのに完全実力主義のガラス張りの人事評価なんてのを取り入れたって話がありますね。

まぁ組織が全部コンピューターで運営されているのなら話は別ですけど、一時的には良くても間違いなく社内の人間関係はギスギスしてきちゃいますから長期的に見て完全実力主義ってのは上手くいかないと思いますね。

そんなわけで例え数字での実績が物を言う営業の世界でも出世に関してある程度の上司への取り入りは必要ですし、ましてや総務課とか間接職ともなればなおさら上司へのゴマすりってレベルの社内営業も必要だと思うわけです。

そんなわけで会社で出世する方法の要素の一つに上司へのとり入りとかゴマすりってのが存在する事を意識していたほうが損は無いですよ。