キレる上司とパワーハラスメント

上司が部下をしかりつけるうちに、手を出してしまう社内暴力事件が相次いでいるとの事です。
パワーハラスメント、つまりパワー(組織の背景)をもってのハラスメント、いやがらせでパワーハラスメントですね。
さてSOHOも独立して数年がたって順調に業績が伸びてくると、人を雇って業績の拡大を目指す人も多いと思います。

いいですか、
SOHOに自分以上の能力の有る人がきてくれるなんて思ってちゃ駄目なんですよ。
まあ面接の時の話は割り引いて考えておいたほうが精神衛生上良いと思いますよ。

やっと社員なりアルバイトを入れたと思ったら経費ばっかりかかって、思ったように仕事をしてくれない、嫌味のひとつも言ってみたくなるかもしれませんし、あんまり勤務態度が悪いと手を挙げそうになってしまうかもしれません。

けどね、SOHOで社員を入れたんですから、全て自己責任の世界なのです。

会社で部下が入ってきたのと、自分で選んで入社させたのでは訳が違いますからね?

いかにうまく人を育てるかが、SOHOが成長できるかどうかのキモですからね。

ですので、パワーハラスメントなんてやっているようじゃ、SOHO社長失格だと思いますよ♪

パワーハラスメントやっている暇があったら、人材育成に頭を使わないと・・・・・

まあ、私が思うにはこのような事態が起きるのは、独立開業するまでは、社内でも力のない人望も薄い人が独立しまして、急に社長なんて肩書きを手に入れて、まあ振り回してしまうってタイプの人間では無いでしょうか?

まあ、人に嫌われている社長の行く末は決まっていますけどね。