優柔不断な上司揺れる心

基本的に営業マネージャーとか現場の営業マンを束ねて管理する役職は色々と心が揺れ動いてしまう要素があるものですね。

これは営業マネージャーが置かれた立場や与えられた権限の限界から来る場合と単に自分の意志が弱い場合の2つが考えられますね。

まず中間管理職的なポジションにいる場合が多いので、自分で心に決めた方針と必ずしも上層部からの指示命令の内容や方針が一致しない場合が出てくるってのが要員の一つですね。

しかもですね例えば売上年度の始めだとか自分が何か確固たる方針を部下に指示致しまして、行動レベルにまで落としこんでこれから腰を据えてじっくりと取組を実行して成果を出していきましょうなんて時に、突然上司に呼ばれて会社の新たな方針を告げられて、つい先日部下に対して出した支持命令と反するような通達だったりしちゃう場合があるんですよ。

例えばですね全国に点在する代理店を通じて販売をしているメーカーの営業の場合でしたら、現場の営業責任者としての判断で、販売実績が一定数字に達していない代理店に対する営業活動を減らして、その分を販売実績の多いパーワーユーザーに振り分けることによって、営業効率を大幅に向上させて売上の大幅アップを目指す方針を打ち出して支持を得たとしましょうか?

中間管理職ですから当然、直属の上司である部長なりに事前にそのことは十分に資料を見せつつ説明をして納得してもらって了解を得た上での行動なのですが、上には上があるとでも言いますか、役員や社長の鶴のひとこえで会社としては販売実績が芳しくない代理店に注力をして全体の底上げを測りましょうなんて決定が下されちゃうこともあるんですね。

まぁ正しい組織人の取るべき行動と言われれば、そりゃ会社の方針を忠実に守って部下に行動をさせる事なんですけど、けっこうこの板挟み状態ってので心が揺れてしまったりするんですね、特に真面目に使命感に燃えて実績を更に上げましょうなんて考えて行動をしようとするマネージャーにとってはね。(私もサラリーマン時代にこの手の経験や不満は相当ありました)

でねこの手の組織人としてのジレンマによる心のゆらぎは結構部下もわかってくれるんですけど、問題なのは自分で考えて決定して部下に命令して実際に現場が動き出してから、何も外部からは言われていないのに結果がすぐに出ないと直ぐに不安になって心が揺れて方針がコロコロ代わっちゃう人ってのは、組織にとっても部下にとっても非常に困る存在なんですよね。

本人は臨機応変だの現状に対応してなんて考えているかも知れませんけど、それは単なる優柔不断な性格が表に出ているに過ぎないんですよ。