総量規制倒産

いよいよ来月から貸金業規制法の改訂になりますが、これといった対策も無いのですが施行後に発生すると思われている倒産について考えてみようと思います。

一般的には総量規制は個人が消費者金融からお金を借り入れる際の上限額を規制するもので会社・企業とは無縁の存在のように思われますが、どうも各所の話ですとか私自身の推測から総量規制倒産とでもいえる中小企業、零細企業や個人事業主の倒産の引き金になるような気が致します。

背景を少々説明致しますと個人事業主ですとか零細企業がちょっとした額の運転資金が足りないとか、どうも今月は売り上げが芳しくなくて支払いに少々足りないとか、自分の給料がでないなんて時に、銀行から借り入れるには手続きが非常に面倒だし審査結果が降りるまで時間がかかるし、そもそも融資してもらえない可能性も有りますので社長個人のカードでキャッシングしてその場を乗り切るなんてことは実に多いと思います。

個人事業主や零細企業の社長の給料はものすごく沢山貰っている人も多数いらっしゃいますが、反対にサラリーマンの収入に及ばないような方も又多数いらっしゃるので有りまして、総量規制はあくまで個人の収入に対する消費者金融の貸出額の上限ですから完全施行された段階で、相当数の零細企業の社長や個人事業主の方が規制に引っかかりまして、資金の調達が難しくなってしまうと思います。

御存知の通りに会社は赤字でも倒産する遠因にはなりますが、資金繰りが尽きてしまえば例え黒字であっても倒産してしまうのでありまして、資金繰りに余裕が無い状態で月々の売り上げの変動幅が大きい運営をしていますと、どうしても一時的に運転資金が不足してしまう場合が出てきてしまうのですよね?

もちろん普段から資金繰り計画を立てて社長個人のカードキャッシングなんてものを頼らなくても良いようにするのが一番の対策なので有りますが、それが出来たら苦労しないよって声が聞こえてきそうですし、人によっては総量規制が威力を発揮することによって一時的に零細企業や個人事業主の倒産が急増しても、多重債務者が急増するよりも減少した方が良いのだから仕方が無い事だといった意見も有りますけどね。

ただ思うに日本中には星の数ほどの零細企業や中小企業に個人事業主が存在して、日本経済を底辺から支えているのでありまして、どうもその土台の部分が脆くも崩れてしまいますと、日本の先行きは暗いのでは無いでしょうかね?