断り文句と応酬話法

都内に事務所があったときには随分と飛び込みで様々な商材を扱う営業マンがいきなり訪問してきては隙あらば営業的な成果を上げようとアプローチをしてくるわけですが、この段階でキッパリ興味は無いって断ってしまえば、それっきりでお仕舞いになるのですけど、少しでも興味を示したり次回のアポイントを約束したり、営業マンから見てアプローチから商談までのステップを上がっていく毎に断るにも技術が必要になってきたりするわけです。

まぁ営業マンは全員が自分の取り扱う商材を売り込むだけしかしないわけじゃなくて中には有益な情報を持っている場合もあるわけですから、最初から全ての飛び込み営業マンを即座に追い返すのも勿体無いような気が致しますし、私自身も外に出て営業活動もしますから、参考にとか知識を広げるために興味ある商材なので聞いておいて損は無いって場合もあるんですよね。

他にも私が外出中に飛び込みで営業マンがやってきて社内に残っていた社員が興味を持って話を聞いてみて下さいって流れの場合なんかですと、無下に断れないって場合もありましたね。

さて<私>『ご紹介いただいたシステムの内容は素晴らしいし、金額的にも無理すりゃ買えない事も無いけど今の状態で十分仕事は順調にこなせているので、今は導入する気持ちは無いですね』とまぁやんわりと断りを入れたりするわけですよ。

<営業マン>『はい、その通りだと思います、すでに御導入頂いた会社さんも大部分が今は差し迫って必要じゃないって状態でした』
”しかしですね”・・とまぁイエスバット方式 つまり相手の話はいったん肯定しておいてから反論というか反証を始めるわけですよ。

『しかしシステムってのは習熟や慣れに時間がかかりますし、もし急に忙しくなったとか繁忙期になってから効率アップしなくちゃいけないって状態になってから新しいシステムを入れても、忙しい時期に新しいシステムを同時に覚えるのも難しいですから、時間が取れる状態のときに事前にみなさん導入されて作業の効率化をさせているんですよ』

<私>(内心)う~購入資金の事は先に問題ないような話をしちゃったし、システムも素晴らしいって言ってしまったし、けど今は購入する気が無いので断ろうと思うけど、後々もしかしたらこの営業マン(会社)は付き合っても損しないかもしれないからな・・なんて思いながら。

関西人でしたら『よう考えときまっさ』でやんわり断れるんですけど、よく検討しておきますなんて返事しようものなら、いつ結論をもらえますかならまだしも、時として営業マンが上司を連れてきて同行でクロージング攻撃にさらされるなんて事になってしまうんですね。

ですからこの場面では、申し訳ないですが今回はお断りさせていただきます・・が正しい断り文句なんです。

が百戦錬磨の営業マンは断られてからが営業の始まりとばかり、理由は何でしょうかとまたまた応酬話法の作戦行動開始で迫ってきたりするんですよね。