寝不足対策とレッドブル

根本的な寝不足対策はそりゃ十分に睡眠を取るしかないんですけど、どうも時計ってやつが発明されて仕事やら雑事やらに追われてしまって根本的解決ができない時にどうしてしのぎましょうか?が今回のコラムの話題です。

私は零細企業を経営してもうすぐ15年になろうとしているのですけど、なにせ営業から開発からサポートから事務まで幅広くカバーしているといえば少しは聞こえがいいのですけど、リソースが100しか持っていないのに120の仕事が待ち構えていますので、何らかの方法で寝不足を解消じゃなかった乗り越える必要が出てくるわけです。

思いおこせば確か2~3年前にコンビニで購入したレッドブル(Red Bull)って清涼飲料水がどうも一番効果があるように感じたのですっかりこいつのお世話になっています。

いままで成分については確認していなかったんですけど、今確認をしてみましたところレッドブルの成分はカフェイン、アルギニン、ナイアシン、パントテン酸との事。

カフェインは超有名な成分でコーヒーや日本茶などに含有していて特に受験生には眠気覚ましのコーヒーは定番ですね。

次の成分アルギニンといえばかの若山富三郎のCM、男には男の武器があるってキャッチコピーで有名になりましたアルギンZの主成分でしたね。

(若山富三郎を知らない人に解説しますと座頭市シリーズで有名な勝新太郎の兄にあたり、勝新太郎をご存じない方でしたら、勝新太郎はマロニーちゃんのCNでおなじみの中村玉緒さんの夫になります。)

次にナイアシンってのは調べたところチョコラBB、あのチョコラシリーズのCMで桃井かおりさんが”世の中バカが多くて疲れませんか?”って例のけだるい声で即座に世間の反発を浴びてCM打ち切りになったやつに入っている成分でした。

最後にパントテン酸ですがこちらも調べてみたらデカビタCだとかCCレモンだとか結構色々な清涼飲料水に含まれている成分でした。

って事はですね最大限に好意的に寝不足対策でレッドブルを一本飲むって事は、コーヒー、今は無きアルギンZ、チョコラBBスパークリング、ついでにデカビタCを飲んだような効果が体験できるって事になりませんかね?
まぁ病は気からじゃなかったブラシーボ(偽薬効果)なんてものも有りますから、レッドブル一本は200円しますけどコーヒーその他もろもろをいっぺんに飲めないし金額的にも高くつくので、レッドブルで眠気を乗り切るのが一番効果的で経済的だって事で自分で自分を納得させまして、もう一仕事終わったら営業に出かけることに致しましょう。