業界標準と自滅経営

世界標準とかデファクトスタンダードだとか、何といいますか今はグローバル経済の時代だから我が社も世界の基準に合わせて世界標準を目指すだとか、それに適応して経営方針をあーだこーだだとか、今回のコラムではそんな話題について書いてみようと思います。

確かに経済とか経営だとか商品開発企画だとか周りの状況を鑑みて世界的な標準に合わせていくって事が必要な場合もあるでしょうけど、猫も杓子もと言いますか時には少し頭を冷やしてみる必要があるのじゃないかなって時々感じますね。

身近なところで携帯電話を取り上げてみようと思いますが、なんだかすっかりアイホンですか?インターフォンだかなんだか分からない名前の端末にすっかり市場を席巻されてしまって従来のちゃんと数字のボタンがある昔からの携帯は売り場の隅っこに追いやられてしまった感じがありますよね。

つまりその営業的には日本の国内メーカーの携帯電話端末がすっかり駆逐されかかっていて、アップルだとかサムソンだとかSONYエリクソンだとか海外メーカーにシェアを奪われてしまって国内メーカーの販売実績は目を覆うような状況じゃないですか。

つまりいつの間にかタッチパネル式の携帯が業界標準になってしまって、それに乗り遅れたメーカーは・・・なんて考えるのが間違っている一面もあると思っています。

思うに別に世界標準だの考えなくても日本国内市場はとても大きいのですから、そこでガラパゴスと言われようと独自の道を選択する手もあったと思っているのですよ。

日本の製造業が強かった秘訣ってのは皆さんご存知のように技術の蓄積と継承があって、簡単にはまねが出来ない技術立国だったわけですよね。

それがアイフォンだかアイホンだか知りませんけど、ものめずらしさに飛びついた市場に振り回されてしまって今の状況があるような気がするのです。

日本ってのは通話よりもメールが頻繁に使われていまして、その要ってのは文字入力ですよね?

はっきり言って日本語の入力は従来の日本メーカーの文字入力のほうが素早く入力できて使いやすいのでありまして、なのにもう・・・たぶんこれはね日本人が流行に流されやすくて結構なことに適応力が高いって理由も大きいのですけどね。

他にも製造業においてコンピュータを使った設計用のソフト、つまりCADの世界でも日本は独自の発展を遂げてきて使いやすい製品が出回っているのですけど、こっちの世界でもいつの間にかデファクトスタンダードの波が迫ってきているようで、思うに下手に世界に尻尾を振ると自滅の道へ進んでいく経営判断になってしまうのじゃないかなって感じているのです。