プラネタリウムと宇宙兄弟そしてレザリアム

今日は休刊日で一般紙はお休みだし、軽い気持ちで日常感じた事を書いてみようと思います。

異常気象だかなんだか知りませんけど今年の夏は梅雨明けから猛暑が続いていますけど、たまには出かけて涼しいところで過ごしましょうって事でプラネタリウムに行ってきました。

プラネタリウムなんてもんは小学生の課外学習以外で行くとこじゃないってイメージを以前は持っていたのですけど、確か今から30年ほど前の私が二十歳だったころに池袋のプラネタリウムでレザリアムなる音楽と三次元映像を合体したショーを見て以来、たまにプラネタリウムに出かけるようになったので有りますが、私の住んでいる東金市からわずか車で30分程度の距離に有りがたい事にプラネタリウムが存在いたします。

その場所は千葉県長生村に存在している長生村文化会館になぜかプラネタリウムが存在していまして、言ってはいけないけど村の公民館に併設された小さな文化会館に本格的なプラネタリウムがあるってなんだかすごいんですよね。

私の知る限り長生村には静かな農村で別に大きな企業が有るわけじゃ無く、財政的に恵まれた状況じゃないと想像しているんですけど、まぁ何と言いますか長生村の人たちはなかなか良いお金の使い方を知っているんではないかと思いますね。

でまぁ暑いさなかに長生村文化会館に出かけて入場料500円也を支払ってプラネタリウムに言ってきたわけです。

通常は季節ごとの星座の解説をするプログラムで今回は夏の星空解説を行っている他になぜか特別プログラムが同時上映されていて、アニメの宇宙兄弟なるものを上映したんですけど、う~んなかなか微妙なところでまぁ知らないアニメでしたがそれなりに楽しめたのであります。

さて今は日本だけに限らず世界中が異常気象と言われて干ばつが起きたり、灼熱の状態でとかゲリラ豪雨だとかとにかく異常気象・・・ってそもそも異常気象の定義がはっきりしないので曖昧なイメージ的な表現なのは気になりますが、とにかく過去に比べると急激な気象変化が起きているじゃないですか?

でね天気予報だとか気象予報士の人だとかが今回の異常気象を解説をしているんですけど、ラニーニャだかエルニーニョだか知らないですけど、それがおきる原因を解説しないですし、そのな私が思うに太陽活動が活発になっているとか太陽の状態が関係しているような気がするのですけど、これについて誰か解説しないんでしょうかと気になっている人は他にもいるのではないでしょうか?

だってその地球の気象現象を決定している要因は地球の自転もありますし微力ながらも人間の生活も有るんですけど、やっぱり一番大きいのは太陽の活動と言いますか、太陽から地球に注ぎ込まれるエネルギーじゃないですか?

プラネタリウムを観賞しながらふとそんな事を思ったのであります。