高齢者の雇用と定年延長

改正高年齢者雇用安定法が4月から施行されるとの事でこれで65歳までの再雇用を企業に義務つける事になるそうだ。

でね、これを読んで最初に頭に浮かんだのはこれでまた若年者(若者)の雇用機会が失われるって事と、一般の労働者は65歳の年金がもらえる年齢まで働かないと食べていけなくなる社会になってしまうのだなぁって感じですね。

まず企業が定年を迎えた高齢者を再雇用する場合の多くは今までの給料は大幅に削減する、つまり安い人件費で経験豊富な人材を手元に活用できるわけですから、これが若者を求人募集かけて雇い入れる場合と同じ人件費で使えるのならば、そりゃ私だって高齢者を安い人件費で使っちゃいますよ。

企業としては求人にお金をかけるより手っ取り早いですよね。

すると間違いなく若者の雇用機会が減少するのは明らかでありまして、失業率の高止まりとか社会不安だとかマクロ経済的に見ても物欲の強い?若者の可処分所得が伸びなければ、日本経済全体のパフォーマンスも低下してGDPは低下するのではないでしょうかね?

まったくもう男も女も働きなさい、定年なんて関係なくて年金なんて当てにしなさんなって言っているような気がするのです。

つまり一部の成功者を除きまして年をとって定年退職したら好きな事をやって悠々自適の生活を送るなんて選択権が徐々に狭くなってくるわけで、まさに働きアリ国家の誕生って事になりませんかね?

理想としては一応、誰もが真面目に定年退職(55歳くらいかな?)まで働いたら、働きたい人には個人に合った働き方が選べてもうリタイヤしたい人は年金受給で食べていける社会が理想じゃないですか?

理想ってのは必ずしも実現しないものですが少なくともその理想に向かって進んでいく事が必要ですが、どうも逆の方向に進んでいるような気がしますね。

追伸
書いていてふと思ったのですが定年退職の年齢が引き上がると雇用の問題もそうですけど、退職金が貰える年齢も上がることになりますが逆に考えるとそれだけ長く働けて嬉しいって事になって賛否両論になる・・・んだと良いのですが。

確か最近聞いた話では雇用の流動化を図るとか企業が人を切りやすくする事によって採用のハードルを下げましょうなんて話が出ているのでありまして、って事は定年退職の年齢が引き上がっても必ずしも定年退職の年齢まで会社で働けて円満退職できるとは限らなくなってしまう気がします。

まったくもうサラリーマンは気楽な稼業なんて流行り歌は過去の話になりましたし、脱サラして独立開業も大きな資本の台頭でこっちも難しくなってきている、つまり住みにくい世の中になってきたんだと実感するのであります。