転職の成功率とコミニュケーション能力

具体的に数値化も出来ませんし資格試験もないし、履歴書欄に特技としてコミニュケーション能力が高いなんて書く人は珍しい訳ですけど、なんだかんだで会社員生活を快適かつ有意義に過ごすために必要不可欠な能力ってのがこの他人とのコミニュケーション能力じゃないでしょうか?

さて転職する人とか具体的なプランは無いけれど心のなかでは転職したいって考えている転職予備軍のような人ってのは、それこそ星の数ほど存在しているのでは無いかと思いますけど、転職の動機として社内の人間関係とか上司とそりが合わないとか、仕事上の能力に起因するというよりもコミニュケーションの問題である場合、やっぱり転職の成功率としては低くなってしまうのでは無いでしょうかね?

転職の成功率を仮に定義すると致しますと、転職してから3年間以上転職先の会社に在籍していることと致しますと、やっぱりコミニュケーション能力が不足していますとやっぱり新たに働き出した転職先でもうまく職場に馴染めなくて、今度の会社も辞めていくなんて確率が高いのでは無いでしょうかね?

もちろんね、単に社風が合わないといいますか務めていた会社で全く社内に居場所がなくて孤立していたけれども、転職した先では水を得た魚のようにあっという間に馴染みまして、まるで10年前から会社にいたかのように居場所を見つけてしまう人も稀にはいますね。

まぁ転職を考えた原因が使えなくて気むずかしくてパワハラまでやってしまうたった一人の上司の存在だった場合なんかでは、その上司が居ない転職先ではうまく溶けこむ事が出来る可能性は高くなるわけですけど、基本的根本的には転職を考える際には自分はコミニュケーション能力が高いのか低いのかを考えて転職を考えたほうが良いでしょうね。

でね勘違いされていると思われている事を書いておこうと思いますけど、コミニュケーション能力を必要とするのは営業とか販売の仕事で、例えば工場で生産ラインに従事してラインで働くなんて場所であればコミニュケーション能力が無くてもい大丈夫だって考え方です。

あのですね外回りの営業マンよりも特定の他人と勤務時間中ずっと同じ社内で一緒に働いているような、いわば閉鎖環境で働くような場合のほうがコミニュケーション能力を必要とするんですよね。

そんなわけで転職の成功率を左右するのは当然ですけど仕事を遂行する様々な能力であることは間違いないのですけど、付帯事項と致しましてやっぱり本人のコミニュケーション能力は考慮しないわけには行かないって感じでは無いでしょうかね?