経営者の元にやってくるチャンスの仮面を被ったピンチ

そうにかこうにか私の経営する零細企業が創業15年を経過するところですが振り返ってみますとかろうじて倒産を免れて今も営業を継続していられるのは周囲の皆様のお陰と決定的なピンチに陥らなかったお陰でしょうか?

大きなクレームですとか経営の根幹を揺るがすような売上の低迷ですとか目に見える形のピンチってのが零細企業を経営していますと日常茶飯事のように入れ替わり立ち代わり訪れるのでありますが、誰が見ても明らかにピンチになる要因ってのはどんな経営者であっても間違いなく回避行動が取れるのですけど、問題なのはチャンスが訪れたと思って慌てて飛びついたら、チャンスがおもむろに仮面を脱ぎ捨てて実は私ピンチでしたなんて場合も結構多いんですよね。

某、大手上場企業である役員から業務提携というかとあるプロジェクトを共同で進めたいとの話が舞い込んで、相手は大手でそれなりに名前も通っている企業だし何せ話が大きいのでこれはチャンスとばかりにお話を承諾したのは良いけれど、スタートしたまでは良いけれど数ヶ月も経過しない間に先方の動きが鈍くなって担当者は居なくなるし、気がついたらプロジェクトは立ち消え状態で結局プロジェクトは最終的な完成を見ること無く、その間に要した労働が全て無駄になってしまうなんて事もありましたね。

その時は該当のプロジェクトのために当時雇っていた人員を一名完全に専属として配置いたしまして、そのために他の仕事を断って居たりしましたのでダメージは結構大きかったですね。

まぁ数ヶ月でこの話はチャンスなんかじゃなくて偽装チャンスとでも言いましょうか、会社を危機に陥れるピンチが私の目を晦ますためにチャンスの仮面を被って目の前に現れたのだと今から振り返ると思います。

さて私が思うに零細企業で何とか不安定な経営から脱却したいと思っていて多少なりとも拡大思考を持っている経営者であれば、心の中で思っているだけでも、自然とねピンチなんだかチャンスなんだか判別の難しいような話が探さなくても向こうから勝手にやって来るもんなんですね。

でですねそこで未来を予測できてピンチなのかチャンスなのか判断できれば良いのですけど、そんなことができたらとっくに大企業に成長しているに違いないんですから会社を倒産させたくなかったら慎重の上に慎重を重ねるくらいの気持ちが必要ですね。

バスに乗り遅れるなとかチャンスの女神は前髪しか無いとか覆水盆に返らずとか色々有りますけど、そんな言葉は基本的に思い出さないほうが良いですよ。