経営者の責任

会社が破綻したり倒産しちゃったり致しますと、例えそれが従業員の使い込みであっても監督不行届って事で全責任は経営者にかかって来るわけですが、今まで社長としていっぱしの顔を世間に向けていたところが、経営する会社が傾いてしまって倒産の二文字が目の前にちらついてきますと、借入金の事ですとか、場合によっては税金の滞納ですとか未払いの従業員の給料ですとか、そーゆー様々な自分の身に降りかかってくる責任の大きさと重さに耐えられなくなってしまって、冷静な状態を保つ事が出来なくなってしまう経営者も少なく無いようですけど、その反面、責任放棄しちゃうような経営者もまた少なく無いのが現実ですよね。

その差が何処にあるのかを考えて見ますと、勿論経営者の資質とか考え方って部分が一番大きいのではありますけど、会社規模によって社長(経営者)の個人責任にまで及ぶか、それとも社長個人と会社を切りはなして考える事が出来る形態になっているかの違いが大きいような気がしますね。

例えば中小企業とか零細企業が銀行からお金を借りるとか、リースで何か高額の機材を導入する時には間違いなく金融機関やリース会社は社長の個人保証を求めて来まして、もう中小・零細企業の経営者ってのはがんじがらめにされてしまって、会社=個人になってしまうわけです。

一方、一部上場企業を筆頭に世間一般に大企業と言われているような企業が融資を受ける場合ですとか、リースで何か設備を導入する時に社長の個人保証が必要になる事は先ずあり得ない話で、会社と経営者個人が切り分けられている状態なんですね。

ですから零細・中小企業の場合は経営者が望まなくても全ての責任が自分の両肩にのしかかるような気持ちになってしまいますし、大手の株式会社になりますと経営者の感覚ってのはまた別のものになってしまうのでしょうね。

追伸
日本国株式会社の経営トップは内閣総理大臣で、経営陣ってのは自民党と公明党って言ってしまってさし支えないと思いますが、高度成長の時代を経て日本を先進国の仲間入りさせるまでの経営陣の働きは賞賛しても良いと思いますが、今の財政状況を考えますともう少し経営陣は責任を感じて欲しい気がしますよね。

まぁ責任云々まで行かないとしましても、せめて財政状況とか無駄使いに対して成果報酬みたいな事ですとか、結果に対する評価制度がないと政治も良くならないし、日本も良い方向に進まないような気がしますよね。