お客の風上に立つ営業スタイルと風下に立つ営業マン

別にどっちが良いとか優れているといった類の話じゃなくて営業スタイルとして何となくお客の風上にたって上から目線で話をしてちゃんと実績を上げる営業スタイルと、逆に風下になってお客に気に入られて買ってもらう営業スタイルが有りますね。

風下に立って営業活動をするのは誰でも出来ると言っても良いのかもしれませんけど、お客の風上に立つにはやっぱり圧倒的な商品知識であるとか業界の情報を事細かく知って居るだとか、相手にとって非常に有益な商談を提供できる営業マンだけが可能な営業スタイルです。

私の場合は二十代で営業の世界に飛び込んでから風上・風下のどちらも対応できる状態で実際の営業活動では状況に応じてどちらかを使い分けてきたのですけど、これは別に私の能力とは一切関係の無い話です。

私がお客の風上に立つ営業スタイルを取ることが出来た理由は簡単で、世の中にまだワープロが普及してやっとパソコンがこれから普及をし始めるって時にこのコンピューター業界に入りましたから、普通に社内で受ける技術的な研修を受けるだけで、自然とこっちが圧倒的な知識量で営業トークを展開させる事ができたからです。

でね最初に書きましたけどこの両極端な2つの営業スタイルってのは、ケースバイケースで商談をする相手によってどっちが有効的な営業活動なのか全く違ってくるものですから、そうですね販売する商材にもよりますけど営業を始めて10年も経過したら、どっちでも対応できるようになりたいものですね。

まぁ若いうちはせいぜいお客の風下で一生懸命修行をしてベテランになったら営業スタイルの幅を広げていくのが普通で、年齢を重ねまして顔や体格を含めた風貌がそれなりに立派になってきたら出来るって営業スタイルも有りますからね。

逆にですね若い頃からお客の風上に立つ営業スタイルしかしてこないまま中年のベテラン営業マンに育ってしまった場合は、結構その存在は脆く感じますね。

今の御時世ですからいつ何時、転職しなくちゃいけなくなるのか分かったもんじゃありませんし、インターネットの普及ですとかお客のほうだっていつまでも風下に立って営業マンと接したいと思っているわけは無いのですから、片方の上から営業マンしか出来ないとそれはもう、自ら営業先のお客の選択を狭くしているようなもので、とても不利な状況になってしまうわけです。

勿論、逆にお客の風下に立ってしか営業活動が出来ないってのもやっぱり大きなマイナス要因だと思うのです。