女性社員の幹部登用と産休の問題

安部首相の旗振りで女性の社会進出を促すだとか企業に一定上の女性幹部の登用を義務付けるだの、私には女性の気持ちはわかりませんし、しかみいろんな人が居て中には女性であるから出世や昇進面で不利だと考える人が居たり、またある人は別にいままのままのほうが居心地がいいし、責任が重くなる出世なんて望まないなんて様々な意見があると思いますので、一刀両断には出来ないと思いますが昔の経験から産休について考えてみたいと思います。

天からの授かりものと言いますかか、コウノトリが運んでくると言いますかオメデタってのは少なくとも本人以外の特に会社の上司にとっては突然やってくるのであります。

大企業は知りませんけど社員数が数名の零細企業に限って言えば、性別がどうだろうと関係なく等しく責任をもって仕事に取り組んで等しく評価されるのが普通なのであります。

ですから性別で何か不利益を誰かに与えたといった事は少なくとも私の過去には無いのですけど、いきなりの産休通知ってのは零細企業にとっては屋台骨が揺らぐほど大変だったりするわけですよ。

でね、思うに国の方は安心して産休が取れるように色々と考えて政策に反映しているようなんですけど、何故かこれが一方的に企業の負担ばかりを強いる結果になっていると思うのですよ。
産休中の給与支払いは何も企業に強制はなく、お休みの間に給料が発生する事はないのですけど、法で定められた産休と育児休暇を確保してなおかつ復職の義務が出てくるのですから、じゃあその間の抜けた穴を埋める社員の確保はどうするの?とか産休の間だけ誰かに来てもらうと言っても、募集して即戦力になる人が来る可能性は低いわけで、だって産休の間だけ働きますなんて労働条件で働いてくれる奇特で高い能力な方なんてまず居ないんですよ。

さて私の考えですけど、ただでさえ少子化なんて言っている時代なんですから女性の社会進出なんてそれに逆行するような気もしますけど、百歩譲ってですね、女性の社会進出と少子化対策を両立するなら働く女性と雇用する企業の両方に補助や助成金や税制面での優遇など、踏み込む必要が有ると思うんですよ。

じゃなきゃ零細企業なんて結婚適齢期の女性をおいそれと雇えないし、まさか妊娠のご予定は?なんて事は面接で聞けませんから幹部登用以前に入社の道を狭めちゃうと思うんですよ。

どうせなら産休時点で本人と雇用している企業のそれぞれに祝い金100万円くらいの大盤振る舞いでもすれば、状況は一気に変わると思うのですけどね。