三十歳を過ぎたニートやフリーターは使い物になるか?

先日とあるアルバイトと正社員を数十名雇用している会社の社長権兼・人事部長兼・経理課長の方と夜の会食で雑談をする機会があったのですけど、その中の話題で三十歳を過ぎた未だかつて正社員として企業で働いたことがなくて、ニートですとかアルバイトしか経験がないいわゆるフリーターは使えるのかとか組織で働けるようになるのか?みたいな話が話題にのぼりました。

結論から言いますとお互いの認識として個人差は大きいものの、三十歳になるまで就職もしないでニートをやっていたとか、働いた経験はアルバイトやパートしかありませんなんて人は女性ならともかく、男性ならまず採用しても使い物になるとは思えないし、もし採用試験に間違ってやってきてもお断るするって結論に至ってしまいました。

まぁこれはお互いに営業畑の出身でそれなりに組織としての仕事をしてきた経験がある元営業マンだから導き出された結論だと思いますけど、一般的に三十歳って年齢は営業職に限らず、初めて主任なり係長なりの役職を与えられて部下を持って指導育成をするようになる年頃なんですよね?

ですから三十歳を過ぎて新入社員として一から頑張りますと言われても、あのねぇもうあなたよりも年下の人が部下を持って指導したりする年代なんですから、今から新入社員として頑張りますと言われても。いきなり年うの部下を管轄するなんて事は管理職になりたての主任には難しいですし、個人差はあるにしろやっぱり組織の中のポジション取りを三十代になって初めてってのは、蓄積がありませんからどうしても難しいんですよね。

まぁ抽象的な表現になってしまいますけど、三十歳になって初めてまともに就職を致しまして、基本的には素直で従順に振る舞いまして、何とか組織に溶け込もうとする本人の意志や努力が認められる人が大部分であるわけですけど、決定的に組織内の空気を読んで同化させる身の処し方みたいな訓練ができていませんし、下手に長年にわたって同じアルバイトをやっていて古株になってポジションにあぐらを描いていた人なんて場合は、もう正社員として組織で働く訓練が全く出来ていないので、まぁ採用いたしません、なんて会話が結論だったのですけど、別に組織人じゃなければ人にあらずなんてわけじゃないんですから、それはそれで一つの方向からみたニートやフリーターに対する認識なわけです。

異論はあるのでしょうけど現実問題で、三十を過ぎて就職経験が皆無で資格もない人と、資格も何も無い新卒とどっちを採用しますかと考えたら、そりゃ結論はまず99%が経営者は同じじゃないでしょうかね?

まっそれが現実なんですよね。