海外で働く事と人材の流出

一昔前から定年退職して年金が支給されるようになったら物価の高い日本を脱出して、物価の安い海外に移住して悠々自適の生活を送ろうなんて人が結構いらっしゃいまして、そーゆー人をサポートする会社なども存在するはずですけど、最近は技術系の働き盛りの人でも国内を飛び出して海外に活路を見つけようって人が結構いらっしゃるようですね。

これは技術力を持ったベテランの労働者を求めている海外企業が積極的に日本国内の技術系労働者を自国に高待遇で迎え入れる企業が増えているからだそうでして、それはそれで同じ日本人として日本人技術者の持っている能力を高く評価してくれているって事で嬉しいことなので有りますが、ただでさえ国内の製造業は海外からの安い輸入品に押されて苦戦しているところを、海外製品の品質が更に向上してしまったら、結構な打撃を受けてしまうのではないでしょうかね?

もちろん、海外から招かれる労働者の方は日本国内よりも海外企業のほうが自分を高く評価してくれるって事で海をわたるのですからそれは正しい判断なのでありまして、問題なのは日本の企業がそういった海外から引き抜かれるような技術力を持った労働者を引き止めるだけの活躍の場を無くしてしまったから問題なのではないでしょうか?

何と言いますか、日本国内の製造現場の中には人件費を低く抑えるために海外からの労働者を雇入れて日常業務をこなしている処があるようで、もちろん価格競争ですとか製造原価を下げないと競争に生き残っていけないなどの切実な問題がそうさせているのでしょうけど、単純労働に従事する労働者を海外から呼び寄せて逆に技能が高い労働者を海外に流出させているような現状では日本の競争力は誰が考えても低下する一方って事になってしまうのではないでしょうか?

ただじゃあ解決策はって事になりますとまさか今更、海外からの輸入品に高い関税をかけるわけにもいきませんし、海外から出てきて日本国内で働いてくれている労働者に呼び寄せておいて帰って貰うわけにもいきませんし、海外で働く熟練労働者を国外出国禁止にするわけにもいかなのでありまして、黙っていると日本国内の製造業はどんどん地盤沈下していくのですが、有効な解決策が思い浮かばないのでありましてせいぜい1ドル120円くらいまで円安が進むことを祈るくらいでしょうかね?

消費者は値段に敏感になってどのの国で生産されていても品質が確かであれば問題ないと考え、流通小売業者は消費者に購入して貰うためにせっせと海外から商品を輸入して販売するのですから、日本国内の雇用の需要は減ってしまって人材の海外流出はなくならないのでしょうね?