採用と個性的な社員

今回のコラムでは人を採用する際の採用基準みたいなものを考えてみたいと思いますが、会社の中には個性的な人材を求むなんて公言している社長さんもいらっしゃいますが、実際に個性的な人ってのは部下として扱いにくかったり、個性的すぎると組織に馴染めなかったりそう簡単ではないんですよね。

私が人を採用する時のことを考えてみますと男でも女でも元気が有ってハキハキしている人を採用する傾向が有りますが、個性的な人ってのはどうも敬遠してしまうような感じなので有りまして、一部の企業を除きまして個性的な人ってのは自分にあった会社を探し出して入社にこぎ着けるまでは大変なのではないでしょうか?

その昔に会社に所属している社員のことを組織を動かす歯車に例えた事があると思いますが、人が集まって組織ができて全体がスムーズに目的に向かって動くためには、個々の社員が多少は組織の意思に従って意志を曲げる必要も出てきますし、管理職の能力が低いと個性的で型にはまらない人材を使いこなすのは無理な場合も多いのではないでしょうか?

思うに個性的で型にはまらないような人ってのは、職場によっては水を得た魚のように能力を発揮致しまして会社に多大なる貢献が出来ますが、どうも組織に馴染めず居場所が無くなってしまうような企業に入社してしまいますと能力が発揮出来ないまま、お荷物社員になってしまうか退職届けを出して会社を去ってしまうような気が致します。

それと全部では有りませんが求人広告のキャッチコピーでは個性的な人を求むなんて書いて有りましても、100%間に受けない方が良いような気がするのでありまして、特に採用担当者が社長とは別に存在して採用担当とか人事部が採用面接をするような場合でしたら、採用するのは個性的な人じゃなくて扱い易くて真面目に働きそうな人を採用する可能性も高いですからね。

まぁこのような場合は歴史の有る企業ほど口では個性的な社員を求むと出しておいて、実際には組織に馴染むような人材を採用する傾向が強いような気がいたしますね。

そんなわけですから、求人広告に個性的な人を求めますなんて書いて有っても、採用面接時に個性を発揮しまくるような事を少し考えてからやった方が良いのではないでしょうかね?

もちろん会社の中には他の企業では一発で落とされるような個性的な人を積極的に採用する例もあるのでしょうけどね。

では個性的なあなた、成功をお祈り申し上げます。