営業マンは自分を買ってもらうの間違い

その誰が最初に言い出したのか知りませんけど営業マンは商品を販売する前に先ず自分を買ってもらいなさいってのが有りますよね。

まぁ結果としてそんな感じで契約が成立したことは私にも沢山ありますけど、この格言を忠実に実行して良いのは、個人事業主の営業とか完全歩合給制の飛び込み営業マンあたりの話で組織として活動している販売ですとか、代理店経由のルート営業では個人の売上達成には有効かもしれませんけど、組織全体ではかえって売上の足を引っ張るなんて原因になるのでは無いでしょうかね?

例えばね営業マンが自分の生い立ちですとか個人的な趣味のことですとか、極めて個人的な事を積極的に引き合いに出してお客の取り入るですとか、全く業務と無関係な雑用や頼まれごとを引き受けまして個人的な信用を勝ち取りまして、自分の営業における売上確保に走るなんて人が稀に居るようですね。

まぁやっている本人はこれも仕事のためだということで、実際は自分の売上目標達成と出世と社内評価の向上のためであって全て自分の為にやっている行為なんですけど、そーゆーとにかく自分の事を売り込んでから商品を購入してもらうって営業スタイルはテリトリーの変更ですとか転勤などの時に後任の営業マンが非常に苦労するわけで、担当者が代わった途端に売り上げダウンなんて事になったら会社にとって大きなマイナスなんですよね。

つまり組織で働く営業マンたるもの自分の売り込みなんてしょうもない事を考えるなんてのは実は二の次にしなくちゃいけない話で、やるんだったら自分の所属する会社を気に入ってもらうために会社を売り込むのが本来の仕事なのでは無いでしょうか?

だってお客がねあの会社は嫌いだけど担当の営業マンの事が気にっているから、あいつから購入するんだって状況とですね、担当者のことはともかくあの会社そのものを気に入っているから買うんだったら、あそこの会社から購入すると決めているって状態の、どっちが会社にとって顧客と会社の良い状態かを比べて考えれば直ぐに正しい答えは分かりますよね。

会社の経営者とか管理職の目標ってのは売上数字や利益の事を除外したら、自分が居なくても会社がちゃんと正常に営業していけるように部下を育成するってのが有りますけど、第一線の営業マンの仕事ってものそれと同じように自分が転勤になってもちゃんと同じように買ってくれるお客を作るってことなんじゃないでしょうかね?

ただそれが壊れてくるってのは企業の方が終身雇用制度ですとか、年功序列といった実は事業の力を蓄積する優れた営業形態を放棄し始めて、単純実力主義みたいなものに、かぶれてきてしまったのが原因として大きいのですけどね。