苦手なお客の克服は無理だと思ったほうが

かつて私の上司であった方はいつも営業成績優秀でお客の受けもあしらいも上手で模範的な営業マンでしたが、機会があって色々お話した際にその人も苦手なお客ってのが存在するってことでした。

まだ新人営業マンであった私はプロの営業マンにもなれば苦手なお客もちゃんと克服する方法を知っていて、どんなお客と対峙してもそつなく営業をこなすものだと思っていたのでちょっとびっくりしたことが有ります。

まぁ口でなんと言おうと人対人の世界が営業の仕事ですから、そりが合わないですとか何となく嫌いですとか、ハッキリ言って大嫌いなんて他人は必ず出てきてしまうので有りますか、そりゃ仕事上付き合う相手であっても苦手なお客はどんな営業マンでも必ず出てきてしまうのは、数の大小を別にしまして確率の問題でしょうね。

でね特にルート営業をやっている人ですとか代理店販売をやっている人なんかですと、お得意さんの中に苦手なタイプの人の出現ってのは結構大きな悩みのタネになってくるのでありまして、中にはそれが原因で会社に出社するのが出来なくなってしまうなんて人も出てきちゃうわけですよ。

でですねハッキリ言って苦手なお客の克服ってのは簡単に出来る方法なんてありませんし、出来るとしたら時間をかけて徐々にその手のタイプのお客の対応方法が上達する程度の話で、既に苦手になってしまったお客を劇的に改善して克服しちゃうってのは無理だと割りきってしまうほうが営業活動にプラスになりますね。

極論しちゃいますとどうしても必要な最低限の接触以外は放置するなり適当に対応しまして、それが原因で出入り禁止になったとしてもラッキーくらいに思ってしまうくらい図太い人のほうが営業マンには向いているんですよ。

苦手なお客ですとか嫌なやつと付き合う時に消耗する精神的なエネルギーは数値化出来ませんけど相当大きなもので、それが原因で他の営業活動全体にまで影響を与えてしまいますから、まぁ経験を積むことと自分が年齢的に高くなることで自然と苦手意識が緩和されると思って無理に克服なんて出来ないと割りきっちゃいましょうね。

もしあなたが営業マンの部下を持っているような人であれば、苦手なお客を持ってしまった営業マンが発生したらある程度はしかたがないと割りきってしまったほうが本人のためですからね。

だってよく考えてみてくださいよ、あの人は大事な上得意だからとか営業マンがお客の選り好みをしてはダメだとか、克服しなきゃダメだとか指導したって、まず解決なんて無理なんですから逆に営業マンの精神的な負担を軽くするようなフォローをしたほうが、よっぽど営業活動にプラスになると思いませんか?