おまけ付き商法考

タレントの水樹奈々さんのコンサートチケット入場券のプレゼントに応募するためにポテトチップスを大量に購入して応募券だけを切り取ったらあとはポテトチップスを捨てちゃいました、その数なんと1,000個ってニュースが流れていますけど、この手のおまけ付き商法はその昔には仮面ライダースナックで問題になったことを記憶している人も多いのではないかと思いますけど、なんのこっちゃないどちらもカルビーなんですね。

詳しい内容についてはよく分かりませんけど、ポテトチップス購入に使った金額は約30万円で抽選でコンサートチケットが貰えるのがたったの10名しかいないんですから、そんな効率の良くない事をしないで直接コンサートチケットを購入すればよかったのではないでしょうかね?

さてポテトチップスを大量に捨てた行為は良くないわけですけど、今回の販売促進企画を企画立案した担当者の方は社会問題になってまずいなぁと思う反面では、おぉ企画大成功!やっぱりコアなファンがまとめ買いしてくれると思ったんだよ、やっぱり思った通りだと感じたのでは無いでしょうか?

おまけ商法と言っても単純にベタ付けで何らかのノベルティグッズが付いてくる方法と今回のように買えば買うほど当たる確率が高くなるような企画、そうですね昔からあって全然問題もない企画では、森永製菓のチョコボールで金のエンゼルなら1枚、銀のエンゼルなら5枚集めて送るとおもちゃの缶詰が貰えるってやつが有りますよね。

まぁあの森永のおもちゃの缶詰の場合は私も小さい頃に銀のエンゼルを集めて貰った事がありますけど、届いたおもちゃの缶詰を実際に手にとって中身を確認致しまして、あっそうですかもう一個はいらないななんて感じでしたからこれだけ長く続いているんでしょうね。

おまけ付き商法の難しい所は誰も欲しがらないようなノベルティグッズを付けても余計な経費はかかるし販売促進に全然貢献しないし、逆に今回の水樹奈々さんのコンサートチケットプレゼントのような、頭に血が上って正常な判断が出来なくなったような斜め上の人が出てきて、おまけ欲しさに商品を買いあさってしまって、ポテトチップスは食べないで捨てちゃうみたいな問題が起きる可能性もありますから下手にプラチナチケットみたいなものを付けるのもどうかなって感じではないでしょうかね?

ただ今回の場合はたった一人の斜め上の人がいなければカルビーとしては企画大成功って事になったのかも知れないのですよね。