経営者は付き合う相手をより選ぶべき

類は友を呼ぶという諺は誰もが体感的に正しい事を知っていると思いますが、だからこそ特に経営者は付き合う相手を選ばなくちゃいけないって事を意識している経営者の方は少ないのかもしれません。

昔聞いた話ですが特定の人を知るためには本人を調べなくても付き合っている人たちの平均値がその人そのものだって聞いたことが有りますが、あたっているかどうかはともかくとして少なくとも付き合ってはいけない相手は積極的に避ける必要があるって事を意識している必要は有るでしょうね?

特に顧客第一主義みたいな経営方針を出している場合気をつけなくてはいけない場合が多いと思うのです。

例えば文句ばかり言って何か一つ買うにしても何かと難癖をつけてきたり、細かく説明を求めて必要以上に値切るお客と、逆に気持よく適正価格で頻繁に買ってくれるようないわば上客がいたとしましょう。

というか商売をやっていますと必ずどちらのタイプに属するお客も出てくるわけですけど、どっちのお客を大切にして時間を割かなくてはいけないかって事を冷静に考えた事は有るでしょうか?

勿論ですけど上客に対してというか会社(お店)に対してより利益を与えてくれるお客のほうを大切に扱ってかける時間もまたより多くしなくてはいけないのですけど、実際の現実はそれと逆になっている場合が多いのですよね?

まぁクレーム客(クレーマー)なんて存在はその対応が顕著に現れるのですが、本来は1秒だってそんなお客に時間をかけてはいけないのですけど、クレーマーにたっぷり時間をとってしまって、そのしわ寄せで良いお客つまり上客への対応がお座なりになってしまっている場合が多いのではないかと思います。

さて今回のコラムの本題は特に経営者は付き合う相手を慎重に選ばなくてはいけないって話題なのですけど、友人ですとか協業するような取引先はそりゃ慎重に選んだり何だか怪しげな取引先や、いかにも儲かっていない貧乏そうな相手は避けるけど、お客は選ばないって場合が多いような気がするのです。

手がかかって仕方がなくて内心では他に行って欲しいと思っていても、僅かな金額でも売上になるから対応してしまうみたいなね?

けどですね、最初の類は友を呼ぶの諺というのは別に友人関係だけじゃなくて、来てくれるお客に関しても当てはまるのですよ。

変なお客が集まるような店や会社には同じようなお客が引き寄せられてしまうという法則が間違いなく有ると思います。

逆に上客の比率が高いとやっぱり同じような上客が集まりやすい状況になるのでありまして、そんな視点でも付き合う相手ってのを選ぶ必要があると思うのです。

けど小さな売上でも切り捨てられないのは誰もがそうなんですよね?