経営者のレベルで企業の限度が決定するとナンバー2の存在

外から他所の会社をみた時の感想なんですけど会社の規模と経営者の能力は正比例する・・と言いたいところですけど実際のところ偉そうにしているけど中身は空っぽだけど躍進中の企業があったり、逆に経営者の考え方や人格も素晴らしいのに零細企業に留まっているなんて場合も多いのではないでしょうか?

そりゃそれなりの規模の企業の社長にもなりましたら、それなりの風格ですとか見た目は兼ね備わって来ているのでパッと見には実はよく分からなかったりするのですけど、色々と話しをしてみると単に親の代からの経営者の座を引き継いだだけの二代目社長といった世襲制のお陰なんてのもあったりするわけですよ。

でね実は私も数多くのうだつのあがらない社長の一人だから言えるのかもしれませんけど、実務面を任せておけて対外的にも全面に出てくれるナンバー2の存在ってのは何というか社長の底の浅さを隠すといいますか、外部に対して社長の力量だとかレベルを隠す効果があるのですよ。

もちろんトップセールスですとか社長自ら営業現場の最前線で売上面で会社を引っ張っている企業も非常に多いですし、渡しの場合もそうですけど社長自らが営業に動かないと売上が立たないなんて場合も多いのですけど、ここにね信用できるナンバー2の存在が有れば、その防波堤の二段構えというか、最初から背水の陣って事が回避されることになりますし、その基本的にまず対外的に外部の人と折衝するのにナンバー2がまず存在していれば、いきなり経営トップが出て行って会社のレベルを判断されるより少しは有利みたいな感じがあると思うのです。

一応、私も自分の会社に小さいながらも誇りを持っていますし別に社長自ら営業に駆け回っている事はあたりまえだと思っているのですけど、取引先によってはね、やっぱり相手の企業規模ですとか人材の厚みなんてのを結構気にするような場合も多いわけですよ。

まぁ社長が全てを取り仕切っていてそれが安心できるなんて方もいらっしゃいますけど、やっぱりその不測の事態が社長の身の上にあった場合にナンバー2不在の企業ってのは一瞬で立ちゆかなくなってしまうので有りまして、そーゆー不安要素から取引を敬遠されちゃうなんて場合も実際にあるわけですよ。

ですからね社長一人従業員一人の零細企業であってもこの従業員を単なる社長の使い走りとしての位置づけなのか、ナンバー2としたポジションとして働いてもらうのかってのは、今後の営業活動にとって大きな違いが出るのです。