上司へのゴマすり、おべっか、イエスマン

会社組織で働いていますと時には無能な上司ですとか、嫌な上司だったり反面教師みたいな人が自分の直属の上司で自分の将来を左右しちゃうような場合も出てきてしまいますね?

今回のテーマが上司に対するゴマすりですとか、おべっかといった一般的には嫌われるようなサラリーマンの行動について書こうと思います。

一匹狼って言葉が有りますよね?

サラリーマン社会の中にもそんな風に呼ばれている人がいますけど、一般的に仕事が人並み以上に出来る実力者だけど、上司の言うことが理不尽だと思ったら従わないマイペースな人みたいな感じでしょうか?

勿論、一匹狼なサラリーマンは上司に対して一切のおべっかも言いませんし、ゴマすりもしない人ですね。

私が思うにサラリーマン社会で一匹狼と呼ばれている人の大部分は会社という組織から離れて自分一人でやっていかなくてはいけなくなったら、たぶんうまくいかないと思うのです。

まず会社というのは組織が機能していないと意味をいなさない烏合の衆になってしまうというのは誰にでも理解できると思いますが、組織であっても個人事業であっても利益(お金)というものは常に他人から頂くものですよね?

他人からお金を頂くということは、他人を喜ばせたという事とも言えます。

自分の上司というものをお客様だと考えることに違和感がある人も多いのではないかと思いますけど、自分の直属の上司の機嫌も取れないでお客様を喜ばせることは出来ないと思うのです。

ただここで注意点が一つあります。

上司のタイプによって喜ばせるツボが違うということ

あからさまなお世辞で喜んでくれる上司もいますし、それを逆に嫌う上司だって同じ数だけいますよね。

何を言いたいのかと申しますと上司のタイプを見極めるのも自分の能力アップの一つだということです。

そんなの仕事じゃないしやる必要はないと思われる方も多いでしょうね。

けど上司と部下の良好な関係を構築するというのは、組織に所属している以上は最低限のマナーだと思うのです。

指導力よりも指導される力が大切

指導される力というのを誰も教えてくれない場合が多いのですよね。

そんな事は長い期間をかけて学校で学んできているという感じなのでしょうか?

部下が言うことを聞かないと悩んでいる上司の方も多いと思いますが、その原因は2つに分類されると思います。

ひとつは本当に指導力がなくて表現力や伝える能力が不足しているとか、仕事のノウ・ハウや知識などの実力がないのに、何故か上司になってしまった場合。

まぁこのパターンが一番多いのですけど、もう一つの原因である場合も有ります。

それは部下に対して指導される力の指導をしていないというパターンです。

実は部下に対して指導される力の話をする事によって、部下を上手に動かせるようになったという場合も少なくないのです。

別に部下からお世辞を言われたり、ゴマすりをされたいと思っていないとは思いますけど、逆にそのことで部下に対して指導される力の指導が出来ていない場合も多いのでは無いでしょうか?