社内弁慶と管理職

会社の規模にかかわらず社内弁慶とでも表現すればよいのでしょうか、外部の人間には腰が低いのにやたらた社内では威勢がよくて特に目下の相手には高圧的に振る舞ってしまうような人が出てきてしまったりします。

これが別の部署の人だったら放っておけば良いわけですけど、たまたま運に見放されたかのように自分の上司が社内弁慶だったり致しますと色々と大変なわけですよ、これが単に弁慶であればこれほど頼もしい上司はいないわけで、外部とのトラブル処理などで無双の力を発揮してくれたりするのですけど社内弁慶の場合は困りますよね。

まぁ社内では無敵に振舞っていてもそれは社内だけの話ですから、何らかの外部とのトラブルが合ってどうしても上司の同席が必要になっても、いつもの元気はすっかり鳴りを潜めて必要な主張もできないまま一方的に押し切られてしまうなんてことにもなってしまいますからね。

さて一般的には普段から外部(お客)との接触や折衝が多い営業職の社員には社内弁慶が発生しにくい訳ですけど、社内の人間としか仕事で接触しない場合に社内弁慶が発生しやすいように感じます。

他にも隠れ社内弁慶とでも言いましょうか、こっちの立場が圧倒的に強い納入業者としか仕事上のやりとりが発生しないような部署の責任者なんてもの、実際には何の交渉力も強さも無い弱い人なのに単に立場上ってだけで弁慶になっている人も結構いると思いますが、普段からお客との対応で色々と苦労している営業マンにとっては社内弁慶みたいな人は結構目障りだったりするんですよね。

それは何よりも誰の目から見ても裏表がハッキリ分かるって事と社内処理のために何かの仕事を頼む時に自分より立場が上にいる社内弁慶な人ににはとても神経を使わなくちゃいけなかったりするからです。

まぁ営業マンとしては神経や気を使うのは基本的に社外のお客に対してとせいぜい営業職内の上役に対してだけにしたいもので、更に総務とか事務系の社内弁慶に必要以上に気を使わなくちゃいけないなんて状況は困るわけですよ。

営業マンが困るって事はつまり余計な神経を社内で使ってしまうって事ですから、下手すると本来の業務である営業活動にも支障が出てしまったりなんて場合もあるわけで、この辺りは会社を経営するトップは社内弁慶が発生しないように時には注意を払う必要もあるのですが、社内弁慶な人ってのは目上の人に巧みに取り入るのが上手だって特技を兼ね合わせて持ち合わせている場合が多いんですよね。