営業課長や営業責任者の役割と職場の雰囲気

職場の雰囲気を作り出す要因としてやっぱりその職場の責任者の存在でして、営業部でしたら部長とか営業課長なんかがその職場の雰囲気を作っていると言っても良いでしょう。

さて営業成績好調な職場と逆に売上低迷中の職場ってのは細かい数字を見るまでもなく、直ぐに職場の雰囲気でその状況がわかってしまうものです。

ここで卵が先か鶏が先か的な話ですと、売上成績が好調だから職場の雰囲気が良いのか、または職場の雰囲気が良いのでその結果として売上数字に現れているのかって疑問が湧いてしまいますが、少なくとも職場の雰囲気が重苦しく沈んでいる職場じゃどんなに頑張っても成績が上向くことは無いのでありまして、こういった場合は早急に責任者を交代させるのが最良の売上対策になる場合が多いんですよね。

ここまで書いてとある人の顔が浮かんできてしまったのですけど、何が理由なんだかわからないんですけど仕事ってのは難しい顔をして何時も真剣な顔をして仕事しているものだと信念でも持っているんだか、部下がね笑顔を見せていたりすると直ぐに機嫌が悪くなったり致しまして、自ら望んで職場の雰囲気を悪い方向に持って行こうとしているとしか思えない人ってのは結構いらっしゃいまして、そーゆー人のもとではやっぱり同じような人が出世するのか、その手の人が職場の責任者になっている事も多いわけですよ。

おっとそれじゃ堅苦しい雰囲気な職場を作るような人でも出世出来るじゃないかって話になってしまいますけど、この人のために頑張ろうって部下がいないような上司にはなりたくないですし、やっぱりマイナスな要素が大きいと思うのです。

ただですね年々営業課長ですとかいわゆる職場の責任者の仕事は増える傾向にあって、責任者の役割は部下が働きやすい明るい職場や雰囲気を作るのが仕事だっていえないような業務量になっているのも現実ですね。

私の知る限り昔の営業課長だとかの管理職の方の仕事ってのは朝夕に部下に指示を出したり報告を受ける以外の仕事はとっても少なくて、自分でも売上を上げなくちゃいけないようなプレイングマネージャーは少なくて、時間的に余裕があったんですね。

ですから仕事の中心はもっぱら売れる環境つくりですとか部下の育成などに全力をつくす事が出来たのでありまして、普段は全然働いていないけど部下に尊敬される上司ってのは結構いたんですよ。

それがいつの間にか責任者や上司の仕事が増えて余裕がなくなってしまって本来の仕事に打ち込む時間が無くなってしまったんでしょうかね。

スポンサードリンク