架空計上と経費の水増しについて考える

今回のコラムでは架空計上と経費の水増しについて思 う所を書いてみようと思います。

先ず企業(法人)の税金ですが極めて大雑把に書きますと、 売上-掛かった経費=利益に対して約半分の税金支払い義務が発生してきます。

ま あ今の行政の税金の無駄使いを思えば、喜んで税金を支払う人は非常に稀なので有りまして、経営者や税理士の先生はいかにして、節税するかに日夜腐心してい るので有りますが、手っ取り早く、しかも効果が大きいのが経費の水増しなのでありますね?

例えば100万円分経費が増えますと、その分そっ くり利益も下がってくるわけでありまして下がった利益分の税金もそっくり軽減されるわけです。

そんな訳で、企業の経費の水増しってのが後を 絶たないので有りまして、この辺りの抜本的な対策ってのは、現実的には出てきていないような感じなので有りますね?

私が思うには税金の支払 いについて誇りを持てるっていった社会の構築や、企業モラルの向上って感じの部分を目指して行く必要が有るので有りまして、それに合わせて運用チェック面 の強化を行っていく必要が有るのでしょうね?

正しい経費の水増し方法?

私が思うにやるには正々堂々と必要な先行投資を行った ほうが、後で何倍もの利益になって戻ってくるって事です。

利益を圧縮しようと思ったら、人材育成に資金を投下するとか、省力化の為に設備投 資を行うとか、顧客満足度を向上させる為に投資するとかって、とにかく将来的に利益を生み出せる事に対して、利益の中から投資を行えば、勿論経費が増えて 税金の支払額も圧縮されてきますし、投資した効果が翌年度以降の将来に実を結んでくれば、利益になってまた戻ってくるって事なので有ります。

こ のようなやり方は、正当な企業経営のあるべき姿なので有りまして、なんら後ろ指指される事では有りませんのでどんどん行えば良いですよね?

そ んな企業が増えてくれば日本の経済の先行きも非常に明るいのでは無いでしょうか?

追伸
今の日本で真っ先にやるべき事は税金の使い方 を見直すって事に違いは有りませんがね?