差し押さえ対策

銀行口座を凍結されたり家財などの財産を差し押さえられるって事には原因がございまして一般的には債務を履行しない、つまり借金や税金や社会保険料の未納などが有って返済を滞らせている状態で債権者がこれ以上催促しても回収が見込めないので強固な手段に出たって状態ですから、もっとも基本的な財産の差し押さえ対策ってのは税金も社会保険料も借金も約束どおりに期日までに支払うって事になるのですけど、それができたら苦労はしないって事で実際に差し押さえをされてしまう人も少なくないのではないでしょうか?

何でも国や地方自治体の競売件数つまり差し押さえによって押収した財産を競売(オークションのようなもの)にかける件数が上昇しているのだそうでして、不景気がこのまま続きますと今後更に増えてしまうような気が致します。

さて実は私は10年以上超零細企業の経営に携わっておりまして時には絶好調の売上に笑って毎日を過ごせた時も有りますし、逆に売上の落ち込みで資金繰りに苦労致しまして社会保険料や消費税など税金の支払いが遅れてしまったことや分割での支払いに応じて貰ったことが有ります。

で本題の差し押さえ対策なのですが無理すればちゃんと払えるのに支払いを無視して差し押さえを食らってしまうような人は論外と致しまして、まず逃げない債務者と誠意をもって話しあう今後の予定をはっきりさせる、無理をしないで確実にって処ではないでしょうかね?

私の場合は逆に売掛債権の回収がなかなか出き無くて取り立てに苦労したことも有るのですけど、取り立てる側としましまては出来るだけ無駄な苦労や余計な手間やコストをかけないで最大限の資金回収を考えるのでありまして現状を正直に打ち明けてもらって無理のない支払い計画を提示してもらえれば、まぁ無茶をこっちが言っても存在しないところから回収は出きませんから様々な事を天秤にかけまして、基本的には時間はかかっても全額回収方向で考えるのでありますが、どうも相手が信用出きないし誠意を見せないし逃げ回っているようでしたら、踏み倒される可能性が高いと判断致しまして、何らかの措置を考えてしまうのでありますね。

まぁ資産隠しの方法なんてのを考える人も実際には沢山出てくるのでしょうけど、因果応報って言葉も有りますし行動には責任がついて回るってことを良く考えて行動することをオススメ致しますね。

そえとまぁ命まで取られなければ元気で生きて頑張れば人生なんて逆転のチャンスは必ず有るってことを信じるのが大切だと思いますよ。