定額給付金と差し押さえと税金の滞納

貰う奴はさもしいだとか矜持の問題だとか、すったもんだの挙げ句に支給する事が決定した定額給付金ですが、これはもうお金のない人、経済的に困窮している貧乏な人ほどその支給を心待ちにして、市役所からのお知らせに書いてあった支給日はカレンダーに赤丸付けて待っているのでは無いかと思いますが、報道によりますと一部の市町村役場では税金の滞納がある人は、給付金の差し押さえによって少しでも滞納額を減らそうって、まあ中々役所にしては頭が回るので有りまして、ネット上の掲示板などでは賛否両論が出ているようで、まあ大勢は役所を擁護する意見が多いように感じますね。

とは言いましてもテレビをはじめとするマスゴミの報道はどうも定額給付金を滞納している税金に充当する事に否定的なニュアンスが感じられますし、一般の人の中にも役所の対応について批判的な人も結構いるのですが、これはまあ今までを振り返ってみて、税金の無駄使いはもう天文学的な数字でばらまいていますし、不良企業や悪徳金融機関を平気で税金で救済したりしているような、税金の使い方をしている事を考えれば、まあ理解できない訳でも無いですよね。

まあ私の意見としては定額給付金ってのは麻生太郎首相が気前良くポケットマネーから国民にばらまいた訳でも無く、ご存じの通り国民から集めた税金を一部、無駄使いを一寸だけ少なくして国民に配って居るのでありますが、まあ原資が税金って事で税の滞納がある場合は、定額給付金から充当されても仕方が無いような気が致しますね。

それとね、何でも定額給付金は何と刑務所に服役中の人とか、ホームレスを生業としている人にまで支給されるって聞いた事が有るのですが(ホームレスへの定額給付金の支給は本人確認とか難しい問題が有って実現不可能だと思いますが)、刑務所で服役中で禁固刑だったりしましたら一切働いていませんから税金を払っておりませんし、むしろ税金でもって衣食住を確保しているようなものなので有りますから、こーゆー人達にも定額給付金を支給するのは如何なものかと思いますし、それでしたら犯罪被害者の方への基金にでもしたほうが良いのでは無いでしょうかね?

追伸
長崎県の対馬だけでも税金の滞納者が100人以上に上るそうで、全員が生活困窮者ではないかも知れませんが、それでも相当の割合になると想像できるのでありまして、更に失業率が上昇の兆しを見せているなど、どうも日本は大変な時代に突入してしまったようで有りますね。