戦略の間違い

安部総理の解散によって本日から日本は選挙戦に突入したわけですけど、自民党と言いますか安部総理の選挙戦略は間違っていると思うのです。

つまりご存知のように自分から争点はアベノミクスの是非を問うなんて言い出しちゃったわけですけど、何も突っ込みどころが満載のような事を自ら争点にしなくてもよさそうなものなのにと感じているのは私だけじゃ無いと思うのですよ。

例えばね外交なんてのは実に数多くの周辺諸国を除く外遊に出かけまして幅広い友好関係を作るべく精力的に動いてきましたし、まだ物足りないとはいっても隣国からの事実無根の誹謗に対しても徐々にでは有りますけど反撃の兆しを見せてきつつ有るじゃないですか?

実際このあたりの外交にもっとスポットを当てればもう民主党なんてのは問題外の一言ですし、他の政党もまぁ太刀打ち出来るだけの言論を持ち出す事は無理なのじゃ無いでしょうか?

それに安全保障の問題だってちゃんとね今の日本が置かれている状況を鑑みれば、そりゃ我が身に降りかかる不幸に対して自らの手で立ち向かう手段を持つ方向で考えるのは選挙にプラスであってもマイナスじゃないと思うのですよ。

それがですねアベノミクスってまぁポリシー・ミックスですから金融政策はまぁ黒田バズーカをぶっ放しましたってことだけで一行で終わりのような気がしますし、財政政策に関しても確か公約にあげていた国土強靭化に関する動きがいまいち見えてきませんし、やっぱり大企業優先の減税があって消費税は増税で、しかも、しかもですよ今回先送りする消費増税について今度は景気が良くない時に増税を見送る付帯条項を入れないっていうんですから、どっちの方向から論戦を挑まれてもあまり有利とは言えないと思うのです。

まぁ株価の上昇と言っても日本円ベースでは値上がりしていますけどドル換算で見ちゃうと値下がりしているなんて状況も有るみたいですからね。

で私は今回の安倍政権の選挙戦略はどうも間違った方向性を自ら出してしまったような気がするのですけど他の野党がその他大勢状態ですから、横綱に対して高校の相撲部の連中くらいの差がでちゃっているようですしね。

個人的には石原慎太郎さん率いる次世代の党に注目しているわけなんですけど、たぶん選挙準備はおもいっきり不足した状態で選挙期間突入でしょうし、一般に殆ど名前が知れ渡っていませんからね。

ついでに書いておきますと当選して欲しい政党名以外に絶対に国政に携わって欲しくないマイナス一票みたいな投票欄もアリますと非常に嬉しいと思うのです。