お金にならないお客の対応を考える

ある程度の商売をやっていますとこっちの意志にかかわらず俗にいうお金にならないお客の存在が出てくるわけですけど、今回のそんな事について書いてみたいと思います。

まずお金にならないお客と言っても何種類か有りますよね?

まず冷やかし客と言いますか店舗で営業していても訪問販売をしていても一切買う気は無いんだけど、暇つぶしなんだか場合によっては同業者なんだかとにかくこっちの時間は取られるけど、いくら頑張っても販売成果には結びつかない人ですよね。

特に新人営業マンなんかの場合でしたら、普段の営業活動においてお断りと門前払いの連続で社内のロールプレイングをご披露する機会がなくてなんて時にね、なんだか熱心に話を聞いてくれる相手だから一生懸命営業をかければ、もしかしたら買ってくれるかもしれないなんて願望が炸裂致しまして、熱心に時間を浪費してしまったり場合によっては上司にまで応援を求めるなんて事にまで発展してしまったりするわけですよ。

まぁこの手のお金にならないお客の対応ってのは経験を積んでいくうちに”お金にならないお客の見分け方”みたいなものが身に付いて来ますけど、結構ベテランになっても売上不振が続いちゃうとこの手のお客に時間を浪費してしまって更に泥沼に入っていくなんて事も有りますけどね。
それから儲けさせてくれないって場合も有ります。

商談中はやたらと値引き要求が厳しくてやっと赤字ギリギリで契約して納品完了したと思ったら、問い合わせだとかクレームだとか追加の注文は一切期待できないけれど手間ばかりかかってしまうお客なんてのは、既に販売済みですから結構厄介だったりするわけですよ。

もちろん徐々に距離をおいて最終的にはお付き合いを止めるなんて選択権も無くはないのですけど、へたに撤退いたしますとクレームやら他のお客への風評ですとか色々と対応が難しいのです。

てな事を考えますとやはりお金にならないお客ってのは商談段階でうまく見極めて選別していきませんと、膨大な時間の浪費が発生してしまったり下手に販売してしまったり致しますと、赤字の原因になってしまったりする場合も有るわけですから、営業マンとしては誰でも彼でもとにかく目先の売上が確保できれば良いみたいな感じで焦って営業活動していると、逆に結果はマイナスに出ちゃうって事なんですよね。

まぁそうはいっても目先の今月の売上目標達成のプレッシャーってのは結構大きかったりして、視界を曇らせてしまったりするわけですよ。