顧客との相性と営業マン

自分自身の事を考えてみればすぐにわかると思いますけど、誰にでもどうしても好きになれない相手だとか、特に具体的な理由は無いけどあいつなんとなく嫌いだとか、もちろん明確な理由があって大嫌いだとか食べ物の好き嫌いは無くても人の好き嫌いは程度の差はあれ誰でもありますし、それを誰とでも仲良くしましょうなんて建前を言っても解決できない壁があると思いませんか?

人と接して物を販売する営業マンの話になりますが、顧客からの売り上げを確保しなくちゃいけないルート営業マンでしたら嫌なお客でも訪問しなくちゃいけなくてお客との相性ってのが場合によっては問題になってくるんですよね。

まぁ営業マンが心の中であいつは嫌いだって思っている分には、そこはそら営業マンってのは役者でもあって一流の営業マンであれば心の中で思っていても表情には一切出さないでそつなつ対人関係をやりすごす人もいれば、嫌いな顧客は最低限の動きで出来るだけ避けてその分は別の相性の良い顧客に積極的な営業活動で売り上げの帳尻を合わせたりできると思います。

ただ問題なのは逆に相手つまりお客のほうが一方的に営業マンを嫌っている場合なんですよね。

これは顧客の購買量と言いますか重要度によって対応が違ってくると思いますけど、嫌いってなってしまった場合はちょっとやそっとじゃ改善は出来ないのが現実ですから、こーゆー事は有る一定の割合で発生する事ですから場合によっては担当の営業マンを変更する必要があると思いますし、売り上げ確保のために必要な営業的な戦略の一つじゃないかと思います。

ただこれは数値化する事は絶対に無理ですし、そもそも担当の営業マンが自分で顧客に嫌われていると感じていても、その事を上司に報告して改善を図るって動きがとれる営業マンは非常に少ないのが現実なんですよね。

それに人ってのはどうしても解決できない相性があって改善する事は不可能だってのを理解できない、又は心の中では知っていてもそれは無い物として部下の営業マンを指導してしまう上司ですと最善の解決策である担当営業を変更するって選択権を取る事無く状況が良くない方向に進んでしまう事が多いんですよね。

ですから営業マンと顧客との相性が悪くて改善が無理だと確実な場合は物理的に不可能な場合を除いて担当者を変更するって選択権があるんですよね、ただ分かっていても出来ない事が圧倒的に多いのも現実なんですけどね。

追伸
中には私には嫌いな人はいないなんて言い出す人もいらっしゃるようですけど、そーゆー人は私には嘘つきに思えてしまうんですよね。