残業と夜型人間

たまたま私が過去にお世話になった会社だけがそうなのかもしれないのですが、就業時間が9:00~18:00までの会社におきまして19:00まで仕事を致しますと1時間分の残業代をしっかり請求できるのですが、朝早く起きて8:00から仕事を始めても残業代は請求できたのかもしれませんが、何となく請求しにくい雰囲気だったので有りまして、タイムカードがあればまた違ったのかもしれませんが、同じような会社は多いのでは無いでしょうかね?

個人的には定時に退社する事を良しとする性格ですので、仕事が立て込んできたら早めに出社して極力定時に退社できるように仕事をこなしていたのですけど、なんとなく遅くまで残って仕事をしている人間のほうが愛社精神が高くて頑張って仕事に取り組んでいるって雰囲気を感じ取ってしまうのですよね。

それと金銭的な事はさておき、例えば新人社員が朝早く出社して頑張って仕事に取り組みまして定時で自分の仕事を終わらせても、上司とか先輩社員が残業を始めていますと中々そーゆー状態でお先に失礼しますって言えなくて、新入社員も残業に付き合わされてしまったり無駄な残業代が発生してしまうって事は無いでしょうかね?

まぁ残業をしている人の中には朝早くから出社して昼飯もそこそこに仕事に取り組んでいても、山のような仕事が後から後から入ってきてしまって、帰りたくても仕事を残して帰れないので仕方が無く残業をしている人も大勢いらっしゃると思いますけどね。

ただ膨大な仕事量を抱えて朝早くから夜遅くまで仕事をしている人を除きまして、夜遅くまで仕事をするよりも朝早く仕事に取りかかって早く終わらせるほうが健康的だと思いますし、電車も朝早いほうが空いていますし、アフターファイブの時間も確保できますし良い事が多いように思うのですけどね。

あと書いたついでに言いますと、聞くところによりますと残業代が生活費に計画されてしまっている状態で仕事が少なくなって残業が減ってしまうと、給料の手取額が減少して生活に差し障りがあるって人も少なく無いようですね。

これはまぁ採用広告に年収が記載してあった場合に残業代を含めての表示だった場合など企業側に問題が有るような気もいたしますし、仕事が多くて残業が発生するのはむしろ良い事だって風潮もありますからね。

企業にとっては安易に人員を増員しても仕事が減少した時に簡単に首は切れませんから、残業でカバーするってのが経営手法として適切なのかもしれないですけどね。