経営者の公私混同

今回は経費削減に絡みまして経営者の公私混同について思うところを書いて見ますが、オーナー社長や創業社長の中には、といっても過半数かも知れませんが会社は自分で苦労して創業したのだから少々経費を私的に流用しても、それは自分でリスクを100%取って経営しているのだから、別に悪い事だと思わないし自分の為に会社の経費で処理するのは当たり前だと思って居る人も少なくないのでは無いでしょうか?

まあ零細から中小企業では社長の強烈な個性とカリスマ性と能力で会社を牽引して仕事の殆どは社長が契約してきて、従業員は社長の指示に従って動くだけのような企業であれば、なにせ社長頼りの状態ですから、経費を公私混同しようと私的流用しようと、我が儘だろうと社員はそれに従ってついてくる場合が多いと思うのですが、部下が仕事の能力を高めてきて、社長が御輿の上に乗る状態になった場合ですとか、社長が能なしの二代目社長だった場合などの場合ですと、経営者の公私混同が少しでも目に付きますと社員のモチベーションは下がりますし、何より職場のもモラルが非常に低下しますので、企業を危険な状態に誘導してしまうでしょうね?

特に社長が普段から経費の無駄やコスト削減の事を社員、従業員に対して口を酸っぱくして言っている状態で、自分は経費で落としている高級車を乗り回して、交際費で飲食を繰り返し時にはゴルフクラブから趣味の物品まで領収書を経理部に回してくるような状態ですと、経営状態がたまたま好調な状態でも数年で傾いてくるのは確実だと思いますし、そーゆー事例は枚挙に暇がないですよね?

ついでに書いておきますと、経営者の経費の私的流用や公私混同(放漫経営でもありますね)、が目に付くような会社に現在従業員として勤めて居る方がいらっしゃいましたら、早急に次に就職先を探すか仕事のほうは適当にサボタージュして隙あらば自分の勉強の為に時間を割いてしまうとか、まあ経費の公私混同している企業など、ろくな企業ではないですし先も短いですから、自分の事を第一優先で考えたほうが良いでしょうね?

仮に企業が立ちゆかなくなって倒産した場合の事も考えてみますと、経営者が真面目に仕事に取り組んで公私混同など後ろめたい事がなければ救いの手が差し伸べられる事が多いようですが、逆に私的流用をしていて結果として従業員のモチベーションが下がって倒産に至った場合などは、その経営者軽蔑されて惨めな末路を辿るだけでしょうね。