使える部下の退職

使えない社員とか部下はいくら退職して欲しいと願っていても何時までも会社に居座り続けるのでありますが、逆に信頼している部下とか仕事が出来る社員は次の職場が見つけやすいのか、突然ある日退職届を出して会社を去っていったりするのですが、その部下が右腕のような存在だったり企業規模が小さくておいそれと代わりの手当が出来ない時など、直属の上司ですとか経営者は落胆したり、今まで目にかけてやっていたのにって事で退職していく社員に対して怒りの感情がわき上がってしまったりする場合も有りますよね。

で時に上司は部下が退職するって事は自分の社内での評価が下がるといった心理が働く場合も有りまして、退職届を突き出されて受け取らないとか、大事な仕事もそっちのけで部下の留意に一生懸命になったりする場合も有るようですが、まあ退職の意志を固めて辞表を出した時点で、使い物にならないとまでは言いませんが、モチベーションが下がっていたりつまらないミスをするのが落ちですし、何よりも他に部下が存在してそんな姿を観察していますが、まず慰留に失敗しますから下手に動いて社内に動揺が走るのを増幅するよりも、ニッコリ笑って門出を応援する位の度量を見せるほうが良いのでは無いでしょうかね?

でね、この使える社員、能力の高い人間ほど独立開業して経営者への道を歩み出す可能性が高いのは当然ですし、転職市場でも外部にアピールできる能力を持っている持っている社員は引く手あまたで引き取りたい企業は沢山有るのもまた当たり前の話なのですから、上司になったり経営者になって人の上に立つようになったら必ず経験する事って位に考えておいたほうが良いのでは無いでしょうかね?

但し、信頼している部下とか使える社員が退職して去っていくって事は企業にとって大きな損失ですし、ライバル企業にでも転職された日には、損失どころかかなり業績が傾くほどの危険な状態に踏み込んでしまう事だって有りますから、普段からの人間関係を良好に保っておくとか、仕事に対する評価を適正に行って金銭面や処遇で報いるとかの努力を惜しんではいけないのですからね。

追伸
SOHO で働く経営者とか個人事業主の中で結構な割合の人が元使える社員だったり、上司の信頼を得ていた部下がある日会社に辞表を提出して経営者への道を歩み出した訳ですから、部下の退職に理解を示しても良さそうな物ですけど、実際のところは結構怒りまくったりするのでは無いでしょうかね?